トヨタ紡織の通期決算は営業益12.4%増 画像 トヨタ紡織の通期決算は営業益12.4%増

マネジメント

トヨタ紡織は4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1兆3055億円(前期比+7.1%)、営業利益は323億円(+12.4%)、経常利益は410億円(+2.0%)、純利益は52億円(-58.7%)だった。

北中南米地域での生産台数の増加や為替の影響などにより、売上高は増加。利益については、製品価格変動の影響、製品立上げの影響などの減益要因はあったが、合理化などの増益要因により、営業利益および経常利益はともに増益となった。純利益は、北中南米および欧州・アフリカの連結子会社が所有する固定資産の減損損失122億円を計上したことで大幅な減少となった。

今期の業績見通しについては、売上高1兆3000億円(-0.4%)、営業利益380億円(+17.3%)、経常利益400億円(-2.7%)、純利益は170億円(+226.7%)とした。

トヨタ紡織の通期決算…北中南米地域好調で営業益12.4%増

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「給料・休日・希望」の新3Kを建設に…国交相と経団連懇談で

    「給料・休日・希望」の新3Kを建設に…国交相と経団連懇談で

  2. 国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

    国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

  3. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

    鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 郵政vsヤマト・佐川、熾烈なメール便戦争に勝者はいるのか?

  6. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  7. 週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

  8. 企業からメディアへのコンタクト、95%の記者が「メール」を希望

  9. 国土地理院、ドローン活用へ基準案整備

  10. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

アクセスランキングをもっと見る

page top