立体切り絵作家やプロモデラーなど国内の匠による合同展「神の手 ● ニッポン展」開催 画像 立体切り絵作家やプロモデラーなど国内の匠による合同展「神の手 ● ニッポン展」開催

インバウンド・地域活性

 5月29日から6月28日の1ヶ月間、目黒雅叙園内の「百段階段」にて、国内のハンドクラフト作家による展示イベント「神の手 ● ニッポン展」が開催される。

 神の手 ● ニッポン展は、「日本のものづくりスピリットを現代のセンスやフィールドで継承する」アーティストを集めた作品展。山口県岩国市で「ミニチュア工房 カサ・デ・トンタ」を主催するミニチュアハウスアーティストの島木英文氏や、島根県松江市の観光大使も務める立体切り絵アーティストのSouMa氏、静岡県浜松市を拠点に活動するプロモデラーの山田卓司氏など、計6名のハンドクラフト作家が参加する。

 展示会場となる百段階段は、1935年に建てられた木造建築で、現在は東京都指定有形文化財となっている。7つの部屋が99段の階段廊下で結ばれており、それぞれの部屋でさんかアーティストが展示を行い、最上階・頂上の間からは展示会全体を俯瞰できるような構成となる。また、詩人・谷川俊太郎氏が参加アーティストの作品をモチーフに「もし神に」という詩を書き下ろしており、展示会公式サイトでも公開されている。

 神の手 ● ニッポン展は、今後全国で展開を予定するほか、各地の工芸品や伝統道具などとのコラボレーションや新人発掘コンテストなどを通じて、日本のものづくり支援を狙う。最終的には世界展開を視野に入れて活動を広げていくという。

 開催時間は10時から18時までで、入場料は当日1000円、前売り1000円。学生は600円で、小学生以下は無料。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. 東京都中央区、都市整備方針を転換/定住人口回復で、ホテルや生活支援施設を後押し

  6. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  7. JR宇都宮駅東口地区整備方針/コンベンション施設や商業施設整備を

  8. 横浜駅きた西口鶴屋地区再開発/国家戦略住宅整備事業として全国初

  9. 大手建設コンサル3社が相次ぎ本社移転……事業拡大に対応、環境改善で人材確保も

  10. 白金一丁目西部中地区再開発、総延べ10万平米規模に/総事業費700億円

アクセスランキングをもっと見る

page top