立体切り絵作家やプロモデラーなど国内の匠による合同展「神の手 ● ニッポン展」開催 画像 立体切り絵作家やプロモデラーなど国内の匠による合同展「神の手 ● ニッポン展」開催

インバウンド・地域活性

 5月29日から6月28日の1ヶ月間、目黒雅叙園内の「百段階段」にて、国内のハンドクラフト作家による展示イベント「神の手 ● ニッポン展」が開催される。

 神の手 ● ニッポン展は、「日本のものづくりスピリットを現代のセンスやフィールドで継承する」アーティストを集めた作品展。山口県岩国市で「ミニチュア工房 カサ・デ・トンタ」を主催するミニチュアハウスアーティストの島木英文氏や、島根県松江市の観光大使も務める立体切り絵アーティストのSouMa氏、静岡県浜松市を拠点に活動するプロモデラーの山田卓司氏など、計6名のハンドクラフト作家が参加する。

 展示会場となる百段階段は、1935年に建てられた木造建築で、現在は東京都指定有形文化財となっている。7つの部屋が99段の階段廊下で結ばれており、それぞれの部屋でさんかアーティストが展示を行い、最上階・頂上の間からは展示会全体を俯瞰できるような構成となる。また、詩人・谷川俊太郎氏が参加アーティストの作品をモチーフに「もし神に」という詩を書き下ろしており、展示会公式サイトでも公開されている。

 神の手 ● ニッポン展は、今後全国で展開を予定するほか、各地の工芸品や伝統道具などとのコラボレーションや新人発掘コンテストなどを通じて、日本のものづくり支援を狙う。最終的には世界展開を視野に入れて活動を広げていくという。

 開催時間は10時から18時までで、入場料は当日1000円、前売り1000円。学生は600円で、小学生以下は無料。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  5. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  6. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top