アルパイン増収増益――10インチ画面ナビなど国内販売が好調 画像 アルパイン増収増益――10インチ画面ナビなど国内販売が好調

マネジメント

アルパインが発表した2015年3月期連結決算は、経常利益が前年同期比27.5%増の150億円と増益となった。

売上高は同3.0%増の2945億6000万円と増収だった。音響機器事業は自動車メーカー向け純正品が欧州やアジアでの新車需要低迷の影響があり、減収となった。情報・通信機器事業は、国内市販向けに世界最大サイズ10インチ大画面ナビゲーションなどが好調だったほか、自動車メーカー向け純正品も北米や中国市場でディスプレイ複合製品の販売が伸びて増収となった。

収益では、増収の効果から営業利益は同17.4%増の115億2300万円となった。純利益は同37.7%増の127億0400万円となった。

今期の通期業績見通しは、売上高が同3.2%減の2850億円、営業利益が同13.2%減の100億円、経常利益が同30.0%減の105億円、純利益が同44.9%減の70億円と、減収減益を予想する。

アルパイン、大画面ナビなど好調で増収増益…2015年3月期決算

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

    ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 張トヨタ名誉会長が製造業に伝えたいこと

    張トヨタ名誉会長が製造業に伝えたいこと

  4. 中小企業の「事業承継税制」利用急増のなぜ

  5. 16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇

アクセスランキングをもっと見る

page top