二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台 画像 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

マネジメント

日本自動車工業会が発表した2014年度(2014年4月~2015年3月)の二輪車生産台数は、前年度比1.2%減の57万6169台と、2年ぶりのマイナスとなった。

二輪車の輸出は3.5%増の46万1632台と堅調だったが、国内需要(出荷ベース)が同10.8%減の39万1128台と大きく落ち込んだ。

車種別では、小型二輪車が同1.4%減の38万1823台、軽二輪車は同4.7%減の8万8574台、ともに2年ぶりに前年度実績を下回った。

原付一種は同0.1%減の7万4381台で3年連続のマイナス、原付二種は同9.5%増の3万1391台で4年ぶりのプラスとなった。

メーカー別では、ホンダが同6.0%減の13万6207台、ヤマハが同21.6%増の22万5981台、スズキが同15.5%減の14万1887台、カワサキが同14.2%減の7万1253台だった。

二輪車国内生産、57.6万台で2年ぶりのマイナス…2014年度

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 同族経営の世代交代をスムーズに!中小企業の多くを占める同族経営向けトラブル解消サービス

    同族経営の世代交代をスムーズに!中小企業の多くを占める同族経営向けトラブル解消サービス

  2. 国交省、CLT建築の設計技術基準を4月に新設

    国交省、CLT建築の設計技術基準を4月に新設

  3. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

アクセスランキングをもっと見る

page top