二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台 画像 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

マネジメント

日本自動車工業会が発表した2014年度(2014年4月~2015年3月)の二輪車生産台数は、前年度比1.2%減の57万6169台と、2年ぶりのマイナスとなった。

二輪車の輸出は3.5%増の46万1632台と堅調だったが、国内需要(出荷ベース)が同10.8%減の39万1128台と大きく落ち込んだ。

車種別では、小型二輪車が同1.4%減の38万1823台、軽二輪車は同4.7%減の8万8574台、ともに2年ぶりに前年度実績を下回った。

原付一種は同0.1%減の7万4381台で3年連続のマイナス、原付二種は同9.5%増の3万1391台で4年ぶりのプラスとなった。

メーカー別では、ホンダが同6.0%減の13万6207台、ヤマハが同21.6%増の22万5981台、スズキが同15.5%減の14万1887台、カワサキが同14.2%減の7万1253台だった。

二輪車国内生産、57.6万台で2年ぶりのマイナス…2014年度

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  2. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

    「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 訪日外国人が「日本酒を知り、日本酒を楽しむ」プラットフォーム誕生

  5. アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈

  6. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

  7. リストバンドで現場作業員の体調管理 清水建設と東芝が開発へ

  8. オオバ、生産緑地の活用策を提案するコンサル事業開始

  9. 創業100年、まつもとコーポレーション社長・松本光雄氏に聞く

  10. 少額投資で実施可能!中小企業向け「人材育成クラウドサービス」

アクセスランキングをもっと見る

page top