グローバルで堅調な伸び――日野自動車は営業利益4%増1100億円 画像 グローバルで堅調な伸び――日野自動車は営業利益4%増1100億円

マネジメント

日野自動車は4月28日、2015年3月期決算と今期(16年3月期)の予想を発表した。今期の連結営業利益は、グローバル販売の堅調な伸びにより前期比4%増の1100億円と、2期ぶりの増益を予想している。

今期のグローバル販売は、国内で小幅な減少を見込んでいるが海外の伸びでカバーし、6%増の17万8400台を計画している。営業利益の水準は、最高だった14年3月期(1122億円)にほぼ並ぶ。一方で純利益は、繰延べ税金資産の関係で1%の小幅減益となる740億円を予想している。

記者会見した市橋保彦社長は「海外市場は不透明な要素もあり、よく見極めていきたい。為替など外部環境の変化に左右されない事業基盤をつくり、経営の質の向上を図っていきたい」と述べた。15年3月期は営業利益が6%減の1055億円となり、6期ぶりの減益だった。

日野、今期営業利益は4%増の1100億円を予想

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

    常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  2. 就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

    就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

  3. 国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

    国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 大成建設、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)実現目標を2年前倒し

  6. ブラックに注目しない、次世代に残すべきホワイト企業を表彰

  7. 中小向けマイナンバー対応マニュアル発刊 建設業振興基金

  8. 【解決! 社長の悩み相談センター】第9回:株式会社と合同会社の違いって何?

  9. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  10. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

アクセスランキングをもっと見る

page top