グローバルで堅調な伸び――日野自動車は営業利益4%増1100億円 画像 グローバルで堅調な伸び――日野自動車は営業利益4%増1100億円

マネジメント

日野自動車は4月28日、2015年3月期決算と今期(16年3月期)の予想を発表した。今期の連結営業利益は、グローバル販売の堅調な伸びにより前期比4%増の1100億円と、2期ぶりの増益を予想している。

今期のグローバル販売は、国内で小幅な減少を見込んでいるが海外の伸びでカバーし、6%増の17万8400台を計画している。営業利益の水準は、最高だった14年3月期(1122億円)にほぼ並ぶ。一方で純利益は、繰延べ税金資産の関係で1%の小幅減益となる740億円を予想している。

記者会見した市橋保彦社長は「海外市場は不透明な要素もあり、よく見極めていきたい。為替など外部環境の変化に左右されない事業基盤をつくり、経営の質の向上を図っていきたい」と述べた。15年3月期は営業利益が6%減の1055億円となり、6期ぶりの減益だった。

日野、今期営業利益は4%増の1100億円を予想

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 日鳶連、新年の「祝いの木遣り」を国交省で披露

    日鳶連、新年の「祝いの木遣り」を国交省で披露

  4. 工事現場にもパウダールーム、鹿島が推進

  5. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  6. 岡山市にダンプ・トラック・冷凍車他商用車・業務用車両専門のレンタカー――オリックストラックレンタル

  7. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  8. 事前飛行許可申請につかえるドローン可能なエリアマップ

  9. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  10. 「マイナンバー制度」対応、中小企業の準備完了は1.3%

アクセスランキングをもっと見る

page top