グローバルで堅調な伸び――日野自動車は営業利益4%増1100億円 画像 グローバルで堅調な伸び――日野自動車は営業利益4%増1100億円

マネジメント

日野自動車は4月28日、2015年3月期決算と今期(16年3月期)の予想を発表した。今期の連結営業利益は、グローバル販売の堅調な伸びにより前期比4%増の1100億円と、2期ぶりの増益を予想している。

今期のグローバル販売は、国内で小幅な減少を見込んでいるが海外の伸びでカバーし、6%増の17万8400台を計画している。営業利益の水準は、最高だった14年3月期(1122億円)にほぼ並ぶ。一方で純利益は、繰延べ税金資産の関係で1%の小幅減益となる740億円を予想している。

記者会見した市橋保彦社長は「海外市場は不透明な要素もあり、よく見極めていきたい。為替など外部環境の変化に左右されない事業基盤をつくり、経営の質の向上を図っていきたい」と述べた。15年3月期は営業利益が6%減の1055億円となり、6期ぶりの減益だった。

日野、今期営業利益は4%増の1100億円を予想

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 農業を次世代に伝承――「農家のファミリービジネス研究会」が発足

    農業を次世代に伝承――「農家のファミリービジネス研究会」が発足

  2. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

    中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  3. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  4. 【展望2016・下】ゼネコン、担い手確保が最重要課題/協力会と一体で取り組み

  5. 国交省、建設業版「生産管理モデル」構築、担い手施策の予算も

  6. 三井不動産レジデンシャルら3社、横浜市中区に58階建て複合ビル計画

  7. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

  8. 国交省、道路老朽化対策の技術基準作り着々

アクセスランキングをもっと見る

page top