グローバルで堅調な伸び――日野自動車は営業利益4%増1100億円 画像 グローバルで堅調な伸び――日野自動車は営業利益4%増1100億円

マネジメント

日野自動車は4月28日、2015年3月期決算と今期(16年3月期)の予想を発表した。今期の連結営業利益は、グローバル販売の堅調な伸びにより前期比4%増の1100億円と、2期ぶりの増益を予想している。

今期のグローバル販売は、国内で小幅な減少を見込んでいるが海外の伸びでカバーし、6%増の17万8400台を計画している。営業利益の水準は、最高だった14年3月期(1122億円)にほぼ並ぶ。一方で純利益は、繰延べ税金資産の関係で1%の小幅減益となる740億円を予想している。

記者会見した市橋保彦社長は「海外市場は不透明な要素もあり、よく見極めていきたい。為替など外部環境の変化に左右されない事業基盤をつくり、経営の質の向上を図っていきたい」と述べた。15年3月期は営業利益が6%減の1055億円となり、6期ぶりの減益だった。

日野、今期営業利益は4%増の1100億円を予想

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  3. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

    中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  4. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  5. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  6. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  7. 中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に

  8. 3割強が「商品購入」「サービス利用」の利用――「メルマガ」に関する意識調査

  9. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  10. レッドウッド・グループ、埼玉県で2件の新規開発を計画

アクセスランキングをもっと見る

page top