ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン 画像 ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン

マネジメント

ホンダは4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高12兆6467億円(前期比+6.8%)、営業利益は6516億円(-13.1%)、税引き前純利益は6896億円(-5.4%)、当期純利益は5227億円(-8.9%)だった。

アジアにおける好調な販売、コストダウン効果、為替影響などはあったものの、品質関連費用を含む販管費の増加、日本における四輪車の売上台数の減少などにより、営業利益は前年度にくらべ13.1%の減少となった。

2014年度通期における四輪の連結売上台数は、国内、北米、欧州での減少をアジアの好調な販売がカバーし、356万7000台(+0.7%)を記録。二輪はアジアや欧州が好調で、1074万2000台(+39.9%)となった。

今期の業績見通しについては、売上高14兆5000億円、営業利益6850億円、税引き前利益8050億円、純利益は5250億円とした。なおホンダは2015年3月期の有価証券報告書における連結財務諸表から、国際会計基準(IFRS)を任意適用。業績見通しはIFRSに基づくものとなる。

ホンダ通期決算…品質関連費用などの増加で営業利益13.1%減

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置

    生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置

  2. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

    移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  3. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  6. リストバンドで現場作業員の体調管理 清水建設と東芝が開発へ

  7. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  8. 週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

  9. ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

  10. 支援受けた創業者の64事例、中小企業庁がまとめる

アクセスランキングをもっと見る

page top