ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン 画像 ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン

マネジメント

ホンダは4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高12兆6467億円(前期比+6.8%)、営業利益は6516億円(-13.1%)、税引き前純利益は6896億円(-5.4%)、当期純利益は5227億円(-8.9%)だった。

アジアにおける好調な販売、コストダウン効果、為替影響などはあったものの、品質関連費用を含む販管費の増加、日本における四輪車の売上台数の減少などにより、営業利益は前年度にくらべ13.1%の減少となった。

2014年度通期における四輪の連結売上台数は、国内、北米、欧州での減少をアジアの好調な販売がカバーし、356万7000台(+0.7%)を記録。二輪はアジアや欧州が好調で、1074万2000台(+39.9%)となった。

今期の業績見通しについては、売上高14兆5000億円、営業利益6850億円、税引き前利益8050億円、純利益は5250億円とした。なおホンダは2015年3月期の有価証券報告書における連結財務諸表から、国際会計基準(IFRS)を任意適用。業績見通しはIFRSに基づくものとなる。

ホンダ通期決算…品質関連費用などの増加で営業利益13.1%減

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. 広島県と愛媛県今治市で「獣医師不足てこ入れ」…政府が戦略特区第3次指定

    広島県と愛媛県今治市で「獣医師不足てこ入れ」…政府が戦略特区第3次指定

  3. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

    社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  4. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  5. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  6. 熊本で健康経営セミナー、経産省の中小企業向け促進施策など講演

  7. 竹中工務店、実働中の自社ビルをゼロエネルギービルに改修

  8. 貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検

  9. やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

  10. 人が足りない「鳶業界」に脚光を!5月24日に「鳶-1GP in関東」開催決定

アクセスランキングをもっと見る

page top