ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン 画像 ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン

マネジメント

ホンダは4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高12兆6467億円(前期比+6.8%)、営業利益は6516億円(-13.1%)、税引き前純利益は6896億円(-5.4%)、当期純利益は5227億円(-8.9%)だった。

アジアにおける好調な販売、コストダウン効果、為替影響などはあったものの、品質関連費用を含む販管費の増加、日本における四輪車の売上台数の減少などにより、営業利益は前年度にくらべ13.1%の減少となった。

2014年度通期における四輪の連結売上台数は、国内、北米、欧州での減少をアジアの好調な販売がカバーし、356万7000台(+0.7%)を記録。二輪はアジアや欧州が好調で、1074万2000台(+39.9%)となった。

今期の業績見通しについては、売上高14兆5000億円、営業利益6850億円、税引き前利益8050億円、純利益は5250億円とした。なおホンダは2015年3月期の有価証券報告書における連結財務諸表から、国際会計基準(IFRS)を任意適用。業績見通しはIFRSに基づくものとなる。

ホンダ通期決算…品質関連費用などの増加で営業利益13.1%減

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  2. 国交省、道路老朽化対策の技術基準作り着々

    国交省、道路老朽化対策の技術基準作り着々

  3. ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン

    ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン

  4. 農業を次世代に伝承――「農家のファミリービジネス研究会」が発足

  5. キーレスエントリ関連技術特許総合ランキング、トップは東海理化

  6. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  7. パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇

  8. 【展望2016・下】ゼネコン、担い手確保が最重要課題/協力会と一体で取り組み

  9. 大和ハウス工業とプロップが「空調機能付きベスト」を共同開発

  10. 国交省、建設業版「生産管理モデル」構築、担い手施策の予算も

アクセスランキングをもっと見る

page top