電気自動車への無線充電の実用化へ、日本電業工作が小型の高調波抑制フィルタ発表 画像 電気自動車への無線充電の実用化へ、日本電業工作が小型の高調波抑制フィルタ発表

IT業務効率

 日本電業工作は27日、ワイヤレス電力伝送(WPT)システム向け高調波抑制フィルタを開発したと発表。電気自動車をはじめとした将来的な需要に対応する。

 今回開発した製品は、ワイヤレスで電力を伝送する際に利用する高調波抑制フィルタ。電力伝送時に発生する高調波漏えい電磁波が、周囲の電子機器等に悪影響を及ぼすのを抑制する。

 従来品よりも30%のダウンサイジングを図りつつ、小型化による電力伝送の損失や発熱を抑えたことで、オフィス機器や家電機器への給電・充電をはじめ、家庭用IHクッキングヒーターのような原理で産業に用いられる高周波加熱装置などへの用途に対応。特に、電気自動車の搭載バッテリへの充電に需要が見込まれる。将来的な電気自動車の普及拡大に向けた先進的な製品開発となる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

    LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  2. 【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

    【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

  3. 「翻訳」「交通」「テロ対策」、東京五輪で活躍しそうなAIテクノロジーは?

    「翻訳」「交通」「テロ対策」、東京五輪で活躍しそうなAIテクノロジーは?

  4. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  5. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  6. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

  7. バスタ新宿で、高速バスロケシステムの実証実験/ETC2.0を活用

  8. 清水建設らIoT活用し人モノの動き解析、施設の利用状況を見える化

  9. VRによるショッピングの未来、VRコマース

  10. 「食」のプレゼンテーションは物産展からITの世界へ

アクセスランキングをもっと見る

page top