電気自動車への無線充電の実用化へ、日本電業工作が小型の高調波抑制フィルタ発表 画像 電気自動車への無線充電の実用化へ、日本電業工作が小型の高調波抑制フィルタ発表

IT業務効率

 日本電業工作は27日、ワイヤレス電力伝送(WPT)システム向け高調波抑制フィルタを開発したと発表。電気自動車をはじめとした将来的な需要に対応する。

 今回開発した製品は、ワイヤレスで電力を伝送する際に利用する高調波抑制フィルタ。電力伝送時に発生する高調波漏えい電磁波が、周囲の電子機器等に悪影響を及ぼすのを抑制する。

 従来品よりも30%のダウンサイジングを図りつつ、小型化による電力伝送の損失や発熱を抑えたことで、オフィス機器や家電機器への給電・充電をはじめ、家庭用IHクッキングヒーターのような原理で産業に用いられる高周波加熱装置などへの用途に対応。特に、電気自動車の搭載バッテリへの充電に需要が見込まれる。将来的な電気自動車の普及拡大に向けた先進的な製品開発となる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

    大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  2. 【外食ビジネスウィーク:1】集客・人手対策の最新事情

    【外食ビジネスウィーク:1】集客・人手対策の最新事情

  3. 建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

    建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

  4. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  5. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  6. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  7. 高砂熱学工業、現場関係者にアップルウォッチ導入/情報共有で業務効率化、健康管理も

  8. 電力小売事業者向けに光BOX+をHEMSに活用

  9. 「超電導リニア体験乗車」の申し込みは1/25まで

  10. 準大手ゼネコンでインフラ点検ロボット開発進む、人力よりも効率的に作業

アクセスランキングをもっと見る

page top