デンソー、売上増なるも研究開発費の増加などで3期ぶりの営業減益 画像 デンソー、売上増なるも研究開発費の増加などで3期ぶりの営業減益

マネジメント

デンソーは4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高4兆3087億円(前期比+5.2%)、営業利益は3551億円(-6.0%)、経常利益は3974億円(-5.3%)、純利益は2930億円(+2.0%)だった。

海外での車両生産台数の増加により、売上高は増加。しかし、研究開発費や能力増強投資の増加等により、営業利益および経常利益は3期ぶりの減益となった。

今期の業績見通しについては、売上高4兆4700億円、営業利益3800億円、税引前利益4070億円、純利益は2750億円とした。なおデンソーは2015年3月期の有価証券報告書における連結財務諸表から、国際会計基準(IFRS)を任意適用。業績見通しはIFRSに基づくものとなる。

デンソー通期決算…研究開発費の増加などで3期ぶりの営業減益

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ピーエス三菱、知名度向上へ現場見学会などで「橋カード」配布

    ピーエス三菱、知名度向上へ現場見学会などで「橋カード」配布

  2. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

    東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  3. 生コン工場集約加速、首都圏周辺需要減少が経営圧迫/系列越えた協業も

    生コン工場集約加速、首都圏周辺需要減少が経営圧迫/系列越えた協業も

  4. 国交省、橋梁修繕工事入札に技術提案・交渉方式導入、16年度

  5. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

  6. 中小企業の「事業承継税制」利用急増のなぜ

  7. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  9. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  10. 16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇

アクセスランキングをもっと見る

page top