デンソー、売上増なるも研究開発費の増加などで3期ぶりの営業減益 画像 デンソー、売上増なるも研究開発費の増加などで3期ぶりの営業減益

マネジメント

デンソーは4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高4兆3087億円(前期比+5.2%)、営業利益は3551億円(-6.0%)、経常利益は3974億円(-5.3%)、純利益は2930億円(+2.0%)だった。

海外での車両生産台数の増加により、売上高は増加。しかし、研究開発費や能力増強投資の増加等により、営業利益および経常利益は3期ぶりの減益となった。

今期の業績見通しについては、売上高4兆4700億円、営業利益3800億円、税引前利益4070億円、純利益は2750億円とした。なおデンソーは2015年3月期の有価証券報告書における連結財務諸表から、国際会計基準(IFRS)を任意適用。業績見通しはIFRSに基づくものとなる。

デンソー通期決算…研究開発費の増加などで3期ぶりの営業減益

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  2. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

    【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 【中小企業の『経営論』】第13回:中小企業による海外販路開拓(2):手段・施策について

  5. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(1):欧米・アジアで展開するプロロジス・山田御酒社長

  7. ジェコス社長に馬越学JFEスチール専務執行役員、6月23日就任

  8. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  9. 「中小企業の《経営論》」第15回:中小企業による海外販路開拓(3)…代理店とは?

  10. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top