インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調 画像 インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調

マネジメント

インド乗用車市場で約40%のトップシェアを握るスズキの現地法人、マルチスズキは4月27日、2014年度通期(2014年4月‐2015年3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は4860億5500万ルピー(約9155億円)。前年度の4264億4800万ルピーに対して、14%増と2桁の伸びを示す。

また、純利益は371億1200万ルピー(約700億円)。前年度の278億3100万ルピーに対して、33.4%の大幅増益を達成している。

マルチスズキの2014年度の新車販売(輸出を含む)は、2010年度の127万1005台を上回り、過去最高の129万2415台。前年比は11.9%増と、プラスに転じた。

129万2415台の内訳は、インド国内が117万0702台で、前年度比は11.1%増。輸出は12 万1713台で、前年度に対して20.1%の増加。

マルチスズキは、「販売の増加、為替相場、コスト削減などが、好決算につながった」と説明している。

マルチスズキ の決算、純利益は33.4%増…2014年度

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

    日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

  2. 清水建設、連結子会社の橋梁・鉄骨事業を統合

    清水建設、連結子会社の橋梁・鉄骨事業を統合

  3. 丸順、ホンダ減産等により自動車プレス部品事業から段階的な撤退…西日本にシフト

    丸順、ホンダ減産等により自動車プレス部品事業から段階的な撤退…西日本にシフト

  4. 丸紅建材リース、新社長に内山元雄氏

  5. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  6. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  7. 農業参入企業7割が「農地はリースで十分」…所有は経営リスク

  8. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  9. 重層下請構造、工事単位で国交省が実態把握へ……行き過ぎ是正へ対策検討

アクセスランキングをもっと見る

page top