インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調 画像 インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調

マネジメント

インド乗用車市場で約40%のトップシェアを握るスズキの現地法人、マルチスズキは4月27日、2014年度通期(2014年4月‐2015年3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は4860億5500万ルピー(約9155億円)。前年度の4264億4800万ルピーに対して、14%増と2桁の伸びを示す。

また、純利益は371億1200万ルピー(約700億円)。前年度の278億3100万ルピーに対して、33.4%の大幅増益を達成している。

マルチスズキの2014年度の新車販売(輸出を含む)は、2010年度の127万1005台を上回り、過去最高の129万2415台。前年比は11.9%増と、プラスに転じた。

129万2415台の内訳は、インド国内が117万0702台で、前年度比は11.1%増。輸出は12 万1713台で、前年度に対して20.1%の増加。

マルチスズキは、「販売の増加、為替相場、コスト削減などが、好決算につながった」と説明している。

マルチスズキ の決算、純利益は33.4%増…2014年度

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置

    生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置

  2. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

    移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  3. 支援受けた創業者の64事例、中小企業庁がまとめる

    支援受けた創業者の64事例、中小企業庁がまとめる

  4. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  5. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  6. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  7. リストバンドで現場作業員の体調管理 清水建設と東芝が開発へ

  8. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  9. 週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

  10. ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

アクセスランキングをもっと見る

page top