インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調 画像 インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調

マネジメント

インド乗用車市場で約40%のトップシェアを握るスズキの現地法人、マルチスズキは4月27日、2014年度通期(2014年4月‐2015年3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は4860億5500万ルピー(約9155億円)。前年度の4264億4800万ルピーに対して、14%増と2桁の伸びを示す。

また、純利益は371億1200万ルピー(約700億円)。前年度の278億3100万ルピーに対して、33.4%の大幅増益を達成している。

マルチスズキの2014年度の新車販売(輸出を含む)は、2010年度の127万1005台を上回り、過去最高の129万2415台。前年比は11.9%増と、プラスに転じた。

129万2415台の内訳は、インド国内が117万0702台で、前年度比は11.1%増。輸出は12 万1713台で、前年度に対して20.1%の増加。

マルチスズキは、「販売の増加、為替相場、コスト削減などが、好決算につながった」と説明している。

マルチスズキ の決算、純利益は33.4%増…2014年度

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

    グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  2. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

    運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  3. 本日の新聞から:GDPマイナス!……天候不順・新車不振・人民元など要因

    本日の新聞から:GDPマイナス!……天候不順・新車不振・人民元など要因

  4. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  5. 「機能性表示食品」に関する意識調査――消費者は健康を意識しつつ価格も重視

  6. 新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上

  7. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  8. 日建連、技能者経験蓄積システムで意見書「既存の仕組みと連携を」

  9. 【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

  10. 回転寿司業界は寿司以外のメニューが熱い!?

アクセスランキングをもっと見る

page top