インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調 画像 インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調

マネジメント

インド乗用車市場で約40%のトップシェアを握るスズキの現地法人、マルチスズキは4月27日、2014年度通期(2014年4月‐2015年3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は4860億5500万ルピー(約9155億円)。前年度の4264億4800万ルピーに対して、14%増と2桁の伸びを示す。

また、純利益は371億1200万ルピー(約700億円)。前年度の278億3100万ルピーに対して、33.4%の大幅増益を達成している。

マルチスズキの2014年度の新車販売(輸出を含む)は、2010年度の127万1005台を上回り、過去最高の129万2415台。前年比は11.9%増と、プラスに転じた。

129万2415台の内訳は、インド国内が117万0702台で、前年度比は11.1%増。輸出は12 万1713台で、前年度に対して20.1%の増加。

マルチスズキは、「販売の増加、為替相場、コスト削減などが、好決算につながった」と説明している。

マルチスズキ の決算、純利益は33.4%増…2014年度

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 米キャタピラー、キャタピラージャパンの製造拠点統廃合を検討

    米キャタピラー、キャタピラージャパンの製造拠点統廃合を検討

  2. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

    鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  3. 竹中工務店/データセンター向け省エネ空調システム開発/ラック背面に冷媒循環装置

    竹中工務店/データセンター向け省エネ空調システム開発/ラック背面に冷媒循環装置

  4. 転職を思いとどまらせる切り札は「〇〇歳までの長期雇用」

  5. TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査

  6. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  7. 【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

  8. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  9. ワイドシングルタイヤ採用で積載量増大……アルプス運輸の木材チップ運搬車

  10. 中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

アクセスランキングをもっと見る

page top