インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調 画像 インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調

マネジメント

インド乗用車市場で約40%のトップシェアを握るスズキの現地法人、マルチスズキは4月27日、2014年度通期(2014年4月‐2015年3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は4860億5500万ルピー(約9155億円)。前年度の4264億4800万ルピーに対して、14%増と2桁の伸びを示す。

また、純利益は371億1200万ルピー(約700億円)。前年度の278億3100万ルピーに対して、33.4%の大幅増益を達成している。

マルチスズキの2014年度の新車販売(輸出を含む)は、2010年度の127万1005台を上回り、過去最高の129万2415台。前年比は11.9%増と、プラスに転じた。

129万2415台の内訳は、インド国内が117万0702台で、前年度比は11.1%増。輸出は12 万1713台で、前年度に対して20.1%の増加。

マルチスズキは、「販売の増加、為替相場、コスト削減などが、好決算につながった」と説明している。

マルチスズキ の決算、純利益は33.4%増…2014年度

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「給料・休日・希望」の新3Kを建設に…国交相と経団連懇談で

    「給料・休日・希望」の新3Kを建設に…国交相と経団連懇談で

  2. 国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

    国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

  3. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

    鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 郵政vsヤマト・佐川、熾烈なメール便戦争に勝者はいるのか?

  6. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  7. 週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

  8. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  9. 企業からメディアへのコンタクト、95%の記者が「メール」を希望

  10. 国土地理院、ドローン活用へ基準案整備

アクセスランキングをもっと見る

page top