インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調 画像 インドのマルチスズキ2014年度の純利益は33.4%増と好調

マネジメント

インド乗用車市場で約40%のトップシェアを握るスズキの現地法人、マルチスズキは4月27日、2014年度通期(2014年4月‐2015年3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は4860億5500万ルピー(約9155億円)。前年度の4264億4800万ルピーに対して、14%増と2桁の伸びを示す。

また、純利益は371億1200万ルピー(約700億円)。前年度の278億3100万ルピーに対して、33.4%の大幅増益を達成している。

マルチスズキの2014年度の新車販売(輸出を含む)は、2010年度の127万1005台を上回り、過去最高の129万2415台。前年比は11.9%増と、プラスに転じた。

129万2415台の内訳は、インド国内が117万0702台で、前年度比は11.1%増。輸出は12 万1713台で、前年度に対して20.1%の増加。

マルチスズキは、「販売の増加、為替相場、コスト削減などが、好決算につながった」と説明している。

マルチスズキ の決算、純利益は33.4%増…2014年度

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

    「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

  2. 【訃報】日産 塙義一前社長…ルノー資本提携の立役者

    【訃報】日産 塙義一前社長…ルノー資本提携の立役者

  3. 家電量販店、量から質へ戦略転換? “格安”ネットと差別化

    家電量販店、量から質へ戦略転換? “格安”ネットと差別化

  4. 建築学会が中長期計画案…国際化対応など5ビジョン設定

  5. 総務省、マイナンバー通知カードの誤配達などで日本郵政に厳重注意

  6. 16年度建設投資、当初予算案反映し上方修正で0.4%減へ

  7. 日比谷花壇、花祭壇のコンサル事業へ…JA葬祭と連携も

  8. 日建連、土木分野の生産性向上加速へ、道路高架橋など工法最適化

  9. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  10. 【解決!社長の悩み相談センター】第18回:二人になれば業績も2倍? (1)

アクセスランキングをもっと見る

page top