ヤマハ発動機、新工場稼働でパキスタン市場に再参入 画像 ヤマハ発動機、新工場稼働でパキスタン市場に再参入

海外進出

ヤマハ発動機は、2014年4月から建設を進めていたパキスタンの二輪製造拠点 Yamaha Motor Pakistan(YMPK)が完成し、4月27日より稼動を開始したと発表した。

新工場は、カラチ市のビンカシム工業団地に20万平米の土地を確保し、延床面積1万7000平米の工場建屋を建設、従業員約200人で操業を開始。稼動初年度である2015年は3万台の生産を予定しており、2020年には年産30~40万台規模を目指す。

ヤマハ発動機は、1975年にパキスタンのダウッドグループと合弁契約を締結。ヤマハブランドの二輪車製造・販売の合弁事業を行っていたが、2008年に合弁契約を解消。2012年6月までは技術援助契約にのっとり、ダウッドグループによるヤマハブランド二輪車の製造・販売が継続されていた。以降、同社単独でのパキスタン再進出を模索し、2013年のYMPK設立、今回の工場稼動に至った。

パキスタンの人口は、現在約1億8000万人で、2020年には2億人に達すると見られている。また、二輪車市場は人口増加に伴う旺盛な消費活動を背景に、2014年には165万台に達し、さらに2020年には300万台を超えるものと予想している。

今回の新会社設立・工場稼動は、需要が拡大するパキスタン二輪車市場への再参入で、新中期経営計画で掲げる「事業規模拡大」の具現策の1つとなる。

ヤマハ発動機、パキスタン二輪市場に再参入…新工場が稼働開始

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  3. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  4. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  5. 転換期へ向かうバイク天国ベトナム、インターネットが市場を変える?

  6. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  7. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  8. 建物設備メンテの日本空調サービス ミャンマーに新会社設立へ

  9. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  10. TPPで国産品が勝つためには、食の安心・安全がキーワード

アクセスランキングをもっと見る

page top