ヤマハ発動機、新工場稼働でパキスタン市場に再参入 画像 ヤマハ発動機、新工場稼働でパキスタン市場に再参入

海外進出

ヤマハ発動機は、2014年4月から建設を進めていたパキスタンの二輪製造拠点 Yamaha Motor Pakistan(YMPK)が完成し、4月27日より稼動を開始したと発表した。

新工場は、カラチ市のビンカシム工業団地に20万平米の土地を確保し、延床面積1万7000平米の工場建屋を建設、従業員約200人で操業を開始。稼動初年度である2015年は3万台の生産を予定しており、2020年には年産30~40万台規模を目指す。

ヤマハ発動機は、1975年にパキスタンのダウッドグループと合弁契約を締結。ヤマハブランドの二輪車製造・販売の合弁事業を行っていたが、2008年に合弁契約を解消。2012年6月までは技術援助契約にのっとり、ダウッドグループによるヤマハブランド二輪車の製造・販売が継続されていた。以降、同社単独でのパキスタン再進出を模索し、2013年のYMPK設立、今回の工場稼動に至った。

パキスタンの人口は、現在約1億8000万人で、2020年には2億人に達すると見られている。また、二輪車市場は人口増加に伴う旺盛な消費活動を背景に、2014年には165万台に達し、さらに2020年には300万台を超えるものと予想している。

今回の新会社設立・工場稼動は、需要が拡大するパキスタン二輪車市場への再参入で、新中期経営計画で掲げる「事業規模拡大」の具現策の1つとなる。

ヤマハ発動機、パキスタン二輪市場に再参入…新工場が稼働開始

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

    1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

  3. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  4. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  5. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  6. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  7. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  8. ラオスの空港ターミナル拡張が起工、円借款で施工は安藤ハザマ

  9. グローバル化対応コミュニケーションと言葉の壁

  10. 自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

アクセスランキングをもっと見る

page top