貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検 画像 貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検

マネジメント

日本自動車タイヤ協会は、4月8日の「タイヤの日」に全国6か所で実施したタイヤ点検の結果を発表した。

タイヤ点検は「タイヤの日」を啓発する活動の一環として、全国タイヤ商工協同組合連合会とともに、ユーザーにタイヤの日常点検・整備の重要性を訴求するため実施している。

今回、タイヤ点検を行った車両は乗用車系が153台、貨物車系が12台の合計165台。タイヤ整備不良台数は、54台で不良率が32.7%だった。

内訳は乗用車系が49台で不良率が32.0%、貨物車系が5台で41.7%だった。

整備不良の内容で最も多かったのは、「空気圧不足」で46台と大半を占めた。

日本自動車タイヤ協会と全国タイヤ商工協同組合連合会では、今回の点検結果を踏まえ、正しい空気圧管理が安全やエコドライブの基本であることを一層啓発していくとしている。

タイヤの整備不良率32.7%…「タイヤの日」点検で

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 鹿島ら3社が「地下トンネル長距離水中流動充てん材」開発…福島第1原発の汚染水対策

    鹿島ら3社が「地下トンネル長距離水中流動充てん材」開発…福島第1原発の汚染水対策

  2. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

    「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  3. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  4. 海水練りコンクリートの用途を拡大 大林組

  5. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  6. 小売業界にとって魅力的な海外進出先ランキング!

  7. EV時代見据え石油元売りの再編・事業ドメインの変革……新聞からみる自動車業界

  8. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  9. 「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

アクセスランキングをもっと見る

page top