貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検 画像 貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検

マネジメント

日本自動車タイヤ協会は、4月8日の「タイヤの日」に全国6か所で実施したタイヤ点検の結果を発表した。

タイヤ点検は「タイヤの日」を啓発する活動の一環として、全国タイヤ商工協同組合連合会とともに、ユーザーにタイヤの日常点検・整備の重要性を訴求するため実施している。

今回、タイヤ点検を行った車両は乗用車系が153台、貨物車系が12台の合計165台。タイヤ整備不良台数は、54台で不良率が32.7%だった。

内訳は乗用車系が49台で不良率が32.0%、貨物車系が5台で41.7%だった。

整備不良の内容で最も多かったのは、「空気圧不足」で46台と大半を占めた。

日本自動車タイヤ協会と全国タイヤ商工協同組合連合会では、今回の点検結果を踏まえ、正しい空気圧管理が安全やエコドライブの基本であることを一層啓発していくとしている。

タイヤの整備不良率32.7%…「タイヤの日」点検で

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

    物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

  2. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

    日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  3. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  4. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  5. 建設の外国人就労者受け入れ、国交省がQ&A

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  7. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  8. 家電量販店、量から質へ戦略転換? “格安”ネットと差別化

  9. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  10. 「儲かる会社がやっている、収支管理の手法セミナー」……大阪・東京で開催

アクセスランキングをもっと見る

page top