貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検 画像 貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検

マネジメント

日本自動車タイヤ協会は、4月8日の「タイヤの日」に全国6か所で実施したタイヤ点検の結果を発表した。

タイヤ点検は「タイヤの日」を啓発する活動の一環として、全国タイヤ商工協同組合連合会とともに、ユーザーにタイヤの日常点検・整備の重要性を訴求するため実施している。

今回、タイヤ点検を行った車両は乗用車系が153台、貨物車系が12台の合計165台。タイヤ整備不良台数は、54台で不良率が32.7%だった。

内訳は乗用車系が49台で不良率が32.0%、貨物車系が5台で41.7%だった。

整備不良の内容で最も多かったのは、「空気圧不足」で46台と大半を占めた。

日本自動車タイヤ協会と全国タイヤ商工協同組合連合会では、今回の点検結果を踏まえ、正しい空気圧管理が安全やエコドライブの基本であることを一層啓発していくとしている。

タイヤの整備不良率32.7%…「タイヤの日」点検で

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 新参入のローソン電子マネー、セブン-イレブンでも利用可能に?

    新参入のローソン電子マネー、セブン-イレブンでも利用可能に?

  2. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

    【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  3. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

    日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  4. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  5. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  6. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  7. ヘルスケア業界向け「営業スキル強化プログラム」登場

  8. 国交省、道路・河川・ダムなどインフラ長寿命化計画!

  9. 【中小企業の『経営論』】第18回:行動を変えても批判がやまない? その理由

  10. 社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催

アクセスランキングをもっと見る

page top