貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検 画像 貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検

マネジメント

日本自動車タイヤ協会は、4月8日の「タイヤの日」に全国6か所で実施したタイヤ点検の結果を発表した。

タイヤ点検は「タイヤの日」を啓発する活動の一環として、全国タイヤ商工協同組合連合会とともに、ユーザーにタイヤの日常点検・整備の重要性を訴求するため実施している。

今回、タイヤ点検を行った車両は乗用車系が153台、貨物車系が12台の合計165台。タイヤ整備不良台数は、54台で不良率が32.7%だった。

内訳は乗用車系が49台で不良率が32.0%、貨物車系が5台で41.7%だった。

整備不良の内容で最も多かったのは、「空気圧不足」で46台と大半を占めた。

日本自動車タイヤ協会と全国タイヤ商工協同組合連合会では、今回の点検結果を踏まえ、正しい空気圧管理が安全やエコドライブの基本であることを一層啓発していくとしている。

タイヤの整備不良率32.7%…「タイヤの日」点検で

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

    五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  2. 【解決!社長の悩み相談センター】第5回:脱サラ・起業は個人か法人か?

    【解決!社長の悩み相談センター】第5回:脱サラ・起業は個人か法人か?

  3. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

    物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  4. 全建ブロック会議を振り返る・上/「危機管理産業」どう維持

  5. 建機メーカーに中国経済の減速直撃、新車販売に頼らぬ戦略模索

  6. 低燃費性重視のトラック・バス用スタッドレスタイヤ……ダンロップ

  7. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  8. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  9. 労働者1人あたりの生産量、2014年度は5年ぶり下落

  10. 企業の販促活動とコミュニティをマッチング、コスト1万円からのサンプリングを実現

アクセスランキングをもっと見る

page top