【決算】ダイハツ、連結営業利益今期は1000億円――前期比10%減 画像 【決算】ダイハツ、連結営業利益今期は1000億円――前期比10%減

マネジメント

ダイハツ工業は4月27日、2015年3月期決算と今期(16年3月期)の予想を発表した。今期は、国内軽自動車販売の減少や為替による減益影響などで連結営業利益は前期比10%減の1000億円と、2期連続の減益見込みとした。

今期の国内軽自動車販売計画は、8%減の63万台としており、2ケタ減の業界の市場見込みよりは落ち込み幅を抑える構えだ。しかし、海外でも主力のインドネシアでの需要環境が好転せず、同国での販売は横ばい計画とした。

インドネシアでは通貨安も続く見込みで、為替全体では65億円の営業減益影響を想定した。純利益は12%減の600億円を予想している。都内で会見した三井正則社長は「国内、海外とも市場停滞などにより引続き環境が厳しい。抜本的な業務改革や新商品投入を進めるが、成果の刈り取りは16年度以降になる」と、語った。

15年3月期は、内外での販売減や車種構成の悪化などにより、営業利益は24.6%減の1106億円と大幅な減益となった。営業減益は09年3月期以来6期ぶり。

ダイハツ、今期営業利益は10%減の1000億円を予想

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

    東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  2. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

    設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  3. 日立コンクリートと埼玉エスオーシー、生コン製造受託会社設立

    日立コンクリートと埼玉エスオーシー、生コン製造受託会社設立

  4. 愛媛県がUIJターン支援、県外からの人材雇用に最長3か月間給料など助成

  5. 清水建設が東燃ゼネラル・静岡ガスと新会社、天然ガス火力発電へ

  6. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  7. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種

  8. 事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

  9. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  10. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

アクセスランキングをもっと見る

page top