【決算】ダイハツ、連結営業利益今期は1000億円――前期比10%減 画像 【決算】ダイハツ、連結営業利益今期は1000億円――前期比10%減

マネジメント

ダイハツ工業は4月27日、2015年3月期決算と今期(16年3月期)の予想を発表した。今期は、国内軽自動車販売の減少や為替による減益影響などで連結営業利益は前期比10%減の1000億円と、2期連続の減益見込みとした。

今期の国内軽自動車販売計画は、8%減の63万台としており、2ケタ減の業界の市場見込みよりは落ち込み幅を抑える構えだ。しかし、海外でも主力のインドネシアでの需要環境が好転せず、同国での販売は横ばい計画とした。

インドネシアでは通貨安も続く見込みで、為替全体では65億円の営業減益影響を想定した。純利益は12%減の600億円を予想している。都内で会見した三井正則社長は「国内、海外とも市場停滞などにより引続き環境が厳しい。抜本的な業務改革や新商品投入を進めるが、成果の刈り取りは16年度以降になる」と、語った。

15年3月期は、内外での販売減や車種構成の悪化などにより、営業利益は24.6%減の1106億円と大幅な減益となった。営業減益は09年3月期以来6期ぶり。

ダイハツ、今期営業利益は10%減の1000億円を予想

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【解決!社長の悩み相談センター】第8回:どっちが得?――共同経営の理想と現実

    【解決!社長の悩み相談センター】第8回:どっちが得?――共同経営の理想と現実

  2. 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

    「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

  3. 中小企業研究センターが「グッドカンパニー大賞」表彰企業を発表

    中小企業研究センターが「グッドカンパニー大賞」表彰企業を発表

  4. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  5. 海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

  6. 次世代型路面電車普及へ基準見直し、路側への軌道敷設可能に

  7. 主食用米の生産量は747万トン……生産調整、初の目標達成 

  8. 工場のオシャレ化で女性従業員を呼び込む! 被災水産会社の挑戦

  9. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  10. 米キャタピラー、キャタピラージャパンの製造拠点統廃合を検討

アクセスランキングをもっと見る

page top