長野のトピーファスナー工業、南北アメリカの自動車需要拡大見込みメキシコに新工場 画像 長野のトピーファスナー工業、南北アメリカの自動車需要拡大見込みメキシコに新工場

海外進出

 トピーファスナー工業は27日、工業用ファスナー製品を製造販売する新会社をメキシコに設立。新工場を建設すると発表した。

 同社は、二輪車・四輪車・精密機械・産業機器といった分野に工業用ファスナー製品を供給している。工業用ファスナー製品は精密薄板ばねなど、パーツを連結したりつなぎとめたりする際に欠かせないもの。供給先となる日系や欧米系の自動車メーカーをはじめ、自動車部品メーカー各社がメキシコへ進出しつつある状況に対応したのが今回の動きだ。

 メキシコは地理的条件と自由貿易協定を背景に、北米だけではなく南米も成長が見込める市場として視野に入れた場合、自動車業界にとって魅力的な自動車生産拠点となる。同社はトピー工業の子会社で、長野県松本市に本拠を置き、国内各地をはじめアメリカ、タイ、ベトナムへと海外にもすでに生産拠点を設けているが、今回のメキシコ進出は、トピー工業グループが2012年度から15年度を実行期間とする中期連結経営計画“Growth & Change 2015”において、重要なグローバル戦略の1つに位置付けられる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 長大がインドネシアに合弁会社設立へ

    長大がインドネシアに合弁会社設立へ

  2. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  3. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  4. 【国産家具を世界へ!:3】中国・韓国市場は高級家具で勝負!

  5. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  6. 三菱地所レジデンス、クアラルンプール近郊のマンション開発に参画

アクセスランキングをもっと見る

page top