社長の“輩出率”、1位は徳島県 画像 社長の“輩出率”、1位は徳島県

人材

 東京商工リサーチは、「全国社長 出身地・出身校」調査を発表している。

 それによると社長の出身地の都道府県別では、最多は東京都の7万4,867人。次いで、北海道4万9,751人、大阪府4万5,866人、愛知県4万3,418人と続く。最も少なかったのは鳥取県の4,329人だった。

 また、出身地別の社長数と人口を対比した「輩出率」では、最も比率が高かったのは徳島県(1.29%)。2位は山形県(1.28%)、以下、香川県(1.20%)、秋田県(1.10%)、愛媛県(1.02%)と続く。

 社長の出身地と会社所在地を対比した「地元率」では、沖縄県の94.4%で5年連続トップ。次いで、愛知県(89.9%)、北海道(87.9%)、広島県(87.0%)というランキング。

 大学別では日本大学の2万1,662人でトップ。2位が早稲田大学1万753人、3位が慶応義塾大学1万587人。4位明治大学9,058人、5位中央大学8,406人、6位法政大学6,726人。国公立大学では、15位に東京大学3,397人、23位京都大学2,136人、27位北海道大学1,813人といった結果となった。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

    【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 絶対回収するすごい方法!

    絶対回収するすごい方法!

  4. 【社歌コン 応募社の横顔:27】ラッパー社員、社訓を歌う-東京の編プロ

  5. 17年春新卒採用、建機メーカーはほぼ横ばい。建機レンタルは微増傾向

  6. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  7. 迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか?

  8. 日建協が15年雇用実態調査の結果を発表。正規従業員は拡充傾向、新卒採用に調整の動きも

  9. 2級建築施工管理技術検定の受験者が増加…試験地拡大で利便性向上

  10. 長野県、金沢工業大とUターン就職促進の協定……県内工業系企業や建設会社で過去実績

アクセスランキングをもっと見る

page top