富山県が県内特産品の通販サイト「とやまいきいきmarket」立ち上げ! 販売商品を公募 画像 富山県が県内特産品の通販サイト「とやまいきいきmarket」立ち上げ! 販売商品を公募

インバウンド・地域活性

 富山県が県内の特産品などを販売する通販サイト「とやまいきいきmarket」を立ち上げることを決定。県内の事業者に向けて、販売する特産品の募集を開始した。

 とやまいきいきmarketは、県が「ふるさと名物商品」として選定した特産品を販売することで、県特産品の販路拡大と認知向上を狙うもの。国からの「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用しての事業で、2015年6月のオープンを目指す。

 500品目程度の商品を取り扱う予定で、うち200品目を県が独自に選定、300品目を公募により集める。取り扱う特産品は原則として定価から3割引で販売し、割引分は県が助成する。また、とやまいきいきmarket以外に楽天市場への出店、関連イベントでの販売も行う。

 募集する商品は、県内で生産または加工されたものが対象。そのほか、「販売価格が3000円から30万円程度」、「賞味期限が2週間以上であること」、「複数生産が可能であること(1点ものでないこと)」、「富山らしさを感じられる商品であること」などの条件が設定されている。なお、外国産の原材料が使われていたり、製造や販売工程の一部が海外で行われていても対象として認められる。

 応募資格は富山県内に主たる住所を有する業者であり、運営担当の富山県いきいき物産と契約し、注文を受けた商品を消費者に直送できることで、1事業者につき5品目まで応募可能。一次募集は始まっており、最終〆切を2015年12月末として、取り扱い可能な商品数に達するまで募集を継続する。その他、詳しい応募方法、内容は富山県のホームページに記載されている。

 販売期間は2015年6月から2016年2月までを予定。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. 【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

アクセスランキングをもっと見る

page top