「自宅でお茶」復活目指す! 静岡・佐々木製茶がお茶所7地域と共同でキャンペーン 画像 「自宅でお茶」復活目指す! 静岡・佐々木製茶がお茶所7地域と共同でキャンペーン

インバウンド・地域活性

 総務省家計調査によると2013年には1世帯あたりの緑茶消費量が1965年当時の約3割、1人あたり換算では約6割と、自宅で緑茶をいれる習慣は減退傾向にある。そんななか、静岡県掛川市の佐々木製茶が中心となり、国内のお茶産地共同による日本茶の再普及キャンペーンが始まった。

 佐々木製茶は「かねじょう」の屋号で知られる製茶会社。茶生産工場での一次加工から精撰場での仕上げ加工、問屋としての卸しまで一貫して行う数少ない企業だ。

 その佐々木製茶らが今回始めたのが「たまには急須で日本茶を」キャンペーン。静岡の掛川茶をはじめ、埼玉の狭山茶、三重の伊勢茶、京都の宇治茶、福岡の八女茶、佐賀の嬉野茶、鹿児島の知覧茶の全国計7カ所のお茶どころが協力し、新茶の無料プレゼントを行う。普段日本茶になじみのない層に、急須でいれてお茶を飲む生活に触れてもらうきっかけづくりを狙う。

 第1回のプレゼントでは、静岡県産の掛川茶の新茶30gと、日本茶のおいしい飲み方や知識をまとめたミニブックをセットで提供する。期間は5月30日までで、申し込みはキャンペーン公式サイトから受け付け中。計2000名分用意されており、在庫がなくなり次第終了となる。また、キャンペーンサイトでは産地情報やお茶の豆知識なども紹介されている。

 今月21日には静岡市葵区での新茶初取引が開かれ、本格的に新茶シーズンが幕を開けた。プレゼントされる掛川茶も5月上旬から収穫を行い、10日頃から順次発送される予定だ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  8. 札幌駅北口に京王電鉄の新ブランド「京王プレリアホテル札幌」、インバウンドも取り込む

  9. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  10. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top