ミャンマー版「三種の神器」エアコン・冷蔵庫・自動車の普及度合いは? 画像 ミャンマー版「三種の神器」エアコン・冷蔵庫・自動車の普及度合いは?

制度・ビジネスチャンス

コスト・スピード面で大きなメリット
株式会社EBP政策基礎研究所(以下「EBP」)は2015年4月6日より、ミャンマー在住のミャンマー人を対象としたネットアンケート調査サービスを開始したことを発表。

アンケート調査はインターネットを利用した調査で、消費者の購入意欲、購買力、購買層などを大規模に捉えることが可能だ。

これまでの電話調査や郵送調査に比べ、コストやスピードの面で大きなメリットがある。また、販売ターゲットの年齢層に応じた調査などにも適している。

現在、ネットアンケートモニターは約800名。平均1時間3名程度のペースで増加しているようだ。

電化製品の購入に関するモニター調査の結果
EBPは2014年11月から2015年1月までの間にモニター400名を対象としたネットアンケートを実施。電化製品などの購入意欲について、所得額と照らし合わせて分析。アンケート結果は以下の通りだ。

エアコンを持っているのは年収額平均で60万円程度の層で、購買予定層は年収額が20万円程度を超えている人々に顕著。

また、冷蔵庫を持っているのは年収額平均で30万円程度の層で、購買予定層には年収額の相違が見られない。洗濯機を持っているのは年収額で40万円程度を超える人々に顕著である。

さらに乗用車の所持層は、年収額平均で60万円程度の層。購買予定層は年収額が20万円程度を超えている人々に顕著だが、同様の年収でも購買を予定していない人々が同数程度存在する。

これらの調査結果から分かるように、今後アンケートが継続されれば、ミャンマーの消費者市場における中心的なサンプルデータになることが予想される。

(画像はプレスリリースより)

【EBP政策基礎研究所】ミャンマーでネットアンケート:家電製品を持っていますか?

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

    【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

    リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  4. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  5. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  6. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  7. 東京23区内の大規模建築計画、民間開発の勢いにかげり

  8. 映画『シン・ゴジラ』が描く“組織の美学”

  9. 建退共が制度のあり方の検討開始。学識者や団体で議論、16年秋に取りまとめ

  10. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

アクセスランキングをもっと見る

page top