ミャンマー版「三種の神器」エアコン・冷蔵庫・自動車の普及度合いは? 画像 ミャンマー版「三種の神器」エアコン・冷蔵庫・自動車の普及度合いは?

制度・ビジネスチャンス

コスト・スピード面で大きなメリット
株式会社EBP政策基礎研究所(以下「EBP」)は2015年4月6日より、ミャンマー在住のミャンマー人を対象としたネットアンケート調査サービスを開始したことを発表。

アンケート調査はインターネットを利用した調査で、消費者の購入意欲、購買力、購買層などを大規模に捉えることが可能だ。

これまでの電話調査や郵送調査に比べ、コストやスピードの面で大きなメリットがある。また、販売ターゲットの年齢層に応じた調査などにも適している。

現在、ネットアンケートモニターは約800名。平均1時間3名程度のペースで増加しているようだ。

電化製品の購入に関するモニター調査の結果
EBPは2014年11月から2015年1月までの間にモニター400名を対象としたネットアンケートを実施。電化製品などの購入意欲について、所得額と照らし合わせて分析。アンケート結果は以下の通りだ。

エアコンを持っているのは年収額平均で60万円程度の層で、購買予定層は年収額が20万円程度を超えている人々に顕著。

また、冷蔵庫を持っているのは年収額平均で30万円程度の層で、購買予定層には年収額の相違が見られない。洗濯機を持っているのは年収額で40万円程度を超える人々に顕著である。

さらに乗用車の所持層は、年収額平均で60万円程度の層。購買予定層は年収額が20万円程度を超えている人々に顕著だが、同様の年収でも購買を予定していない人々が同数程度存在する。

これらの調査結果から分かるように、今後アンケートが継続されれば、ミャンマーの消費者市場における中心的なサンプルデータになることが予想される。

(画像はプレスリリースより)

【EBP政策基礎研究所】ミャンマーでネットアンケート:家電製品を持っていますか?

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

    成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  2. 【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

    環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  4. 17年の建設業界、キーワードに生産性向上と働き方改革

  5. 設備工事上場大手10社の16年4~9月期決算。受注高、各分野で増加傾向

  6. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  7. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  8. 日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」

  9. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  10. 社保未加入の建設5万業者に行政指導書、異例の一斉送付

アクセスランキングをもっと見る

page top