【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円 画像 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

制度・ビジネスチャンス

 アートヴィレッヂ(資本金5000万円、墨田区石原4-15-4、代表赤池輝子氏)は、4月22日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。 負債総額は39億8000万円。

 同社はカジュアルウェアのSPA事業(素材調達、企画、製造、販売)として、「BODY GLOVE」や「LOST」などのブランドを展開していた中堅企業。創業は1975年。2001年には直営店経営にも乗り出し「Beach Sound」「natuRAL vintage」などの店舗を積極的に展開していた。2009年の売上は99億円以上だった。

 その後、レディース事業の失敗、2011年東日本大震災で一部の店舗が被災。在庫拡大、売上減少などから売上が低迷。金融機関と再建計画に取り組んでいたが、2014年2月期に民司祭製法による再建に切り替える。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

    東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 建設産業のこれから、「選ばれる産業」へ

    建設産業のこれから、「選ばれる産業」へ

  4. 川崎の貨物駅でリニア中央新幹線の起工式。未来が近づいてきた!

  5. 【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  6. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  7. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  8. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

  9. ゼネコン上場大手4社、16年4~9月期決算。五輪関連の建設需要で最高益!

  10. 博多・アイランドシティまちづくりエリア開発事業、スタート!

アクセスランキングをもっと見る

page top