富山県ものづくり総合見本市がスタート! 画像 富山県ものづくり総合見本市がスタート!

インバウンド・地域活性

 「富山県ものづくり総合見本市2015」が富山産業展示館「テクノホール」と富山市体育文化センターで23日から3日間の日程でスタートした。

 同展示会は、工作・産業機械、電子・電機、IT、プラスチック、アルミ、繊維、医薬品、化学など広く国内外のものづくり技術や製品を展示し、経済交流の促進をはかる。北陸新幹線駅に活かされた富山のアルミ技術の企画展示も見られる。

 24日は、会場内のプレゼンコーナーでニッタ株式会社によるトータル無菌システムの提案、不二越によるロボットシステムの最新動向、富士通のM2M/IoTの利用動向と富士通の取り組みなど複数のプレゼンテーションも予定されている。

 またユニークなイベント企画として県内の企業や学校が制作したコマを持ち寄り、一対一で戦う「コマ大戦」も25日に開催される予定だ。来場者は20000人を見込んでいる。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

    【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  6. 「社会的行為」から「個人的体験」へ。変化を迫られる観光

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  9. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  10. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…なぜトランスミッションを内製するのか

アクセスランキングをもっと見る

page top