雪国まいたけ服部栄養専門学校とメニュー開発で自社製品のPR 画像 雪国まいたけ服部栄養専門学校とメニュー開発で自社製品のPR

マネジメント

 雪国まいたけは、主力商品「雪国まいたけ」を使ったメニューを服部栄養専門学校と共同開発。24日頃から順次、「まいたけメニューブック」を全国のスーパーマーケットなどで無料配布を開始する。

 「まいたけメニューブック」は同専門学校理事長である服部幸應氏が取り組む「食育」に着目したオリジナルレシピを掲載し、まいたけ製品の消費拡大を狙ったものといえる。

 単なる商品PRではなく、商品の活用方法などを提案することで、購買意欲や消費を拡大する手法は、多くの商品で見られるマーケティング戦略のひとつだ。とくに食品の場合、健康レシピや変わりメニューが話題になることで、その食材がブレークしたり、郷土料理や地元グルメが全国区になることもある。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

    なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

  2. セブン-イレブンで”業界初“商品が相次ぎ登場

    セブン-イレブンで”業界初“商品が相次ぎ登場

  3. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

    人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

アクセスランキングをもっと見る

page top