店舗運営に役立つ情報を発信する「OMISE Lab(オミセラボ)」がスタート 画像 店舗運営に役立つ情報を発信する「OMISE Lab(オミセラボ)」がスタート

マネジメント

 インターネットを通じた店舗向け商用BGM配信サービス「モンスター・チャンネル」を運営する株式会社モンスター・ラボ(本社・東京都目黒区)が、店舗運営に役立つ情報を発信するブログマガジン「OMISE Lab(オミセラボ)」を開始した。

 2011年にスタートし、各業種の店舗用音楽が1300チャンネル登録されている「モンスター・チャンネル」。「OMISE Lab」は、同サービスの顧客ニーズに基づき「店舗運営」「空間演出」「開業」「集客」「採用」といったカテゴリで、店舗経営に特化したオンラインマガジンだ。

 モンスター・ラボ社が「より多くの顧客に有益な情報を発信して顧客への接点を増やしていく」としている「OMISE Lab」の内容は非常に実践的。同社の専門であるBGMについてだけでなく、店舗を運営する立地について、接客用語について、照明について、などテーマは多岐にわたる。

「モンスター・チャンネル」は月額1,880円から契約でき、年間契約で20,680円(いずれも税別)。14日間の無料トライアルも用意されている。

 「モンスター・チャンネル」の顧客になり得る新規開業者に、役立つ情報を発信する「OMISE Lab」。新しいメディア、新しいプロモーションの形として注目したい。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

    ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  2. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  3. 「WeChat」と連動!“爆買い”を促すデジタルサイネージ

    「WeChat」と連動!“爆買い”を促すデジタルサイネージ

  4. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  5. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  6. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  7. マルチセンサーでドローン侵入を検知……兼松エアロスペース

  8. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  9. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  10. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

アクセスランキングをもっと見る

page top