渋滞緩和なるか?――圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間の交通量は1日5300台 画像 渋滞緩和なるか?――圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間の交通量は1日5300台

インバウンド・地域活性

国土交通省は3月29日に開通した圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間の開通1週間の交通量を発表した。

開通1週間の平均交通量が1日当たり約5300台だった。

先行して開通していた隣接区間の圏央道・白岡菖蒲IC~久喜白岡JCT間は、開通区間が伸びたことで1日当たり9200台となり、利用台数が日当たり2400台増加した。

3環状道路は、今年に入ってから、中央環状線品川線、圏央道・寒川北IC~海老名JCT間など順次開通しており、今後も、圏央道・神崎IC~大栄JCT間、桶川北本IC~白岡菖蒲IC間などが開通する予定。

国交省では、東北道や国道16号の交通量の変化は、限定的ながら今後、圏央道が利用されることで、渋滞緩和や地域経済の活性化などの効果が見込まれるとしている。

圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間、開通後1日5300台が走る

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

    北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  4. 高槻市の新文化施設整備、「芸術にふれる喜びを確信する」建築計画

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  7. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】ガールズコレクションで大人気の豆腐!…相模屋食料(3)

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

アクセスランキングをもっと見る

page top