渋滞緩和なるか?――圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間の交通量は1日5300台 画像 渋滞緩和なるか?――圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間の交通量は1日5300台

インバウンド・地域活性

国土交通省は3月29日に開通した圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間の開通1週間の交通量を発表した。

開通1週間の平均交通量が1日当たり約5300台だった。

先行して開通していた隣接区間の圏央道・白岡菖蒲IC~久喜白岡JCT間は、開通区間が伸びたことで1日当たり9200台となり、利用台数が日当たり2400台増加した。

3環状道路は、今年に入ってから、中央環状線品川線、圏央道・寒川北IC~海老名JCT間など順次開通しており、今後も、圏央道・神崎IC~大栄JCT間、桶川北本IC~白岡菖蒲IC間などが開通する予定。

国交省では、東北道や国道16号の交通量の変化は、限定的ながら今後、圏央道が利用されることで、渋滞緩和や地域経済の活性化などの効果が見込まれるとしている。

圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間、開通後1日5300台が走る

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

    都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  5. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

  8. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  9. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top