渋滞緩和なるか?――圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間の交通量は1日5300台 画像 渋滞緩和なるか?――圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間の交通量は1日5300台

インバウンド・地域活性

国土交通省は3月29日に開通した圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間の開通1週間の交通量を発表した。

開通1週間の平均交通量が1日当たり約5300台だった。

先行して開通していた隣接区間の圏央道・白岡菖蒲IC~久喜白岡JCT間は、開通区間が伸びたことで1日当たり9200台となり、利用台数が日当たり2400台増加した。

3環状道路は、今年に入ってから、中央環状線品川線、圏央道・寒川北IC~海老名JCT間など順次開通しており、今後も、圏央道・神崎IC~大栄JCT間、桶川北本IC~白岡菖蒲IC間などが開通する予定。

国交省では、東北道や国道16号の交通量の変化は、限定的ながら今後、圏央道が利用されることで、渋滞緩和や地域経済の活性化などの効果が見込まれるとしている。

圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間、開通後1日5300台が走る

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その5

    富裕層インバウンドの法則その5

  3. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

    青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  4. 富裕層インバウンドの法則その4

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】札幌から「地の利」を生かしたデータ処理事業を展開する恵和ビジネス

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 新橋・田村町地区の再開発、高さ150メートルの超高層ビルも

  9. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  10. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

アクセスランキングをもっと見る

page top