外国人にも「マッサン」効果か? インバウンド需要、日本酒・国産ウィスキーに動きも 画像 外国人にも「マッサン」効果か? インバウンド需要、日本酒・国産ウィスキーに動きも

インバウンド・地域活性

 21日、日本百貨店協会が2015年3月の全国百貨店売上高の概況を発表した。消費税増税前の駆け込み需要があった前年同期との比較では20%近い売り上げ減となったが、訪日外国人の購買は引き続き好調で客数・売り上げともに200%以上の増加を記録している。

 同報告は全国82社・239店舗の百貨店を調査したもの。3月の売上高は5441億円あまりで前年同期比で19.7%減となり、2か月ぶりのマイナスとなった。だが、2014年3月は増税前の駆け込み需要が大きく、2013年比で25.4%の売り上げ増を記録している。今年3月も2013年3月比では0.6%増とわずかに増加している。

 また、インバウンド需要は依然高く、客数は251.7%増、売り上げも218.6%と大幅に増加する結果となった。特に3月は下旬から花見ツアーなどで日本を訪れる観光客が増加。ブランド品や高級化粧品などに加え、日本酒や国産ウィスキーといった日本産のお酒にも動きが出てきているという。

 今後の外国人観光客向けサービスとして、国産の酒類に注目してもいいかもしれない。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  6. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  7. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  8. JR京葉線の海浜幕張~新習志野間に新駅。上下2階層の線路間ホーム

  9. ついにゴールへ…50キロのトレイルラン、記者が体験(7)

  10. 広島駅南口再開発ビル「EKICITY HIROSHIMA」、新たなランドマークの誕生

アクセスランキングをもっと見る

page top