外国人にも「マッサン」効果か? インバウンド需要、日本酒・国産ウィスキーに動きも 画像 外国人にも「マッサン」効果か? インバウンド需要、日本酒・国産ウィスキーに動きも

インバウンド・地域活性

 21日、日本百貨店協会が2015年3月の全国百貨店売上高の概況を発表した。消費税増税前の駆け込み需要があった前年同期との比較では20%近い売り上げ減となったが、訪日外国人の購買は引き続き好調で客数・売り上げともに200%以上の増加を記録している。

 同報告は全国82社・239店舗の百貨店を調査したもの。3月の売上高は5441億円あまりで前年同期比で19.7%減となり、2か月ぶりのマイナスとなった。だが、2014年3月は増税前の駆け込み需要が大きく、2013年比で25.4%の売り上げ増を記録している。今年3月も2013年3月比では0.6%増とわずかに増加している。

 また、インバウンド需要は依然高く、客数は251.7%増、売り上げも218.6%と大幅に増加する結果となった。特に3月は下旬から花見ツアーなどで日本を訪れる観光客が増加。ブランド品や高級化粧品などに加え、日本酒や国産ウィスキーといった日本産のお酒にも動きが出てきているという。

 今後の外国人観光客向けサービスとして、国産の酒類に注目してもいいかもしれない。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり

    幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり

  4. 【インバウンド向けホステル浸透中!:4】プリンスホテルのおもてなしは、???が違う!

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. ムーミンテーマパークは飯能市、総事業費150億円!

  7. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  8. 国交省のインフラロボ実用化計画、新潟県で初の現場検証公開

  9. アパグループ、「新都市型ホテル」世界展開へ。用地厳選で勝つ!

  10. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

アクセスランキングをもっと見る

page top