外国人にも「マッサン」効果か? インバウンド需要、日本酒・国産ウィスキーに動きも 画像 外国人にも「マッサン」効果か? インバウンド需要、日本酒・国産ウィスキーに動きも

インバウンド・地域活性

 21日、日本百貨店協会が2015年3月の全国百貨店売上高の概況を発表した。消費税増税前の駆け込み需要があった前年同期との比較では20%近い売り上げ減となったが、訪日外国人の購買は引き続き好調で客数・売り上げともに200%以上の増加を記録している。

 同報告は全国82社・239店舗の百貨店を調査したもの。3月の売上高は5441億円あまりで前年同期比で19.7%減となり、2か月ぶりのマイナスとなった。だが、2014年3月は増税前の駆け込み需要が大きく、2013年比で25.4%の売り上げ増を記録している。今年3月も2013年3月比では0.6%増とわずかに増加している。

 また、インバウンド需要は依然高く、客数は251.7%増、売り上げも218.6%と大幅に増加する結果となった。特に3月は下旬から花見ツアーなどで日本を訪れる観光客が増加。ブランド品や高級化粧品などに加え、日本酒や国産ウィスキーといった日本産のお酒にも動きが出てきているという。

 今後の外国人観光客向けサービスとして、国産の酒類に注目してもいいかもしれない。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  8. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  9. 葉物類が入荷減! イチゴ通常の6割、西日本大雪の影響、大阪市場

  10. ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目!

アクセスランキングをもっと見る

page top