うなぎ、ひもの…沼津市、オリジナルこいのぼりで地域PR! 画像 うなぎ、ひもの…沼津市、オリジナルこいのぼりで地域PR!

インバウンド・地域活性

 地域のPR手段としてゆるキャラが定着するなか、新たな地域PRサービスが登場。静岡県沼津市のホームページ制作会社・オフィスグルーが端午の節句を前に、オリジナルデザインの“こいのぼり”製作サービスを開始した。

 リリースに先立って、地元・沼津の名産であるアジの干物をデザインした「ひもののぼり」を製作。ウナギをあしらった「商売繁盛うなぎのぼり」とともに、「沼津こいのぼりフェスティバル」に出品される。

 オリジナルこいのぼり「○○のぼり」製作サービスは、ゴールデンウィークシーズンに各地でこいのぼり関連イベントが開催されることに着目してスタートしたもの。地域性の高いものや名産品、企業をデザインし、PRツールとしての活用されるのを狙う。料金は参考サイズの2000mm×1000mmのもので、デザイン料3万円、製作費1万円からとなっており、サイズやロットなどによって変動する。

 製作された「ひもののぼり」は、デフォルメされたイラスト調のものと、リアルタッチのものがあり、ともに開きにされたアジの表と裏がプリントされている。「商売繁盛うなぎのぼり」にはウナギに乗って空を飛ぶ人々と招き猫をデザインした。

 「ひもののぼり」と「商売繁盛うなぎのぼり」が掲揚される「沼津こいのぼりフェスティバル」は4月19日から5月5日まで、静岡県沼津市の港口公園にて開催。なお、こいのぼりの掲揚は19日からスタートしていたが、20日に暴風雨に見舞われてポールが折れたため、一時掲揚を休止している。22日には再掲揚を行う予定だ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. ■ニュース深掘り!■東京再開発に見る中小のビジネス機運

    ■ニュース深掘り!■東京再開発に見る中小のビジネス機運

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  6. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  7. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  8. 書籍「世界を動かす地域産業の底力」に学ぶグローカル視点の重要性

  9. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top