うなぎ、ひもの…沼津市、オリジナルこいのぼりで地域PR! 画像 うなぎ、ひもの…沼津市、オリジナルこいのぼりで地域PR!

インバウンド・地域活性

 地域のPR手段としてゆるキャラが定着するなか、新たな地域PRサービスが登場。静岡県沼津市のホームページ制作会社・オフィスグルーが端午の節句を前に、オリジナルデザインの“こいのぼり”製作サービスを開始した。

 リリースに先立って、地元・沼津の名産であるアジの干物をデザインした「ひもののぼり」を製作。ウナギをあしらった「商売繁盛うなぎのぼり」とともに、「沼津こいのぼりフェスティバル」に出品される。

 オリジナルこいのぼり「○○のぼり」製作サービスは、ゴールデンウィークシーズンに各地でこいのぼり関連イベントが開催されることに着目してスタートしたもの。地域性の高いものや名産品、企業をデザインし、PRツールとしての活用されるのを狙う。料金は参考サイズの2000mm×1000mmのもので、デザイン料3万円、製作費1万円からとなっており、サイズやロットなどによって変動する。

 製作された「ひもののぼり」は、デフォルメされたイラスト調のものと、リアルタッチのものがあり、ともに開きにされたアジの表と裏がプリントされている。「商売繁盛うなぎのぼり」にはウナギに乗って空を飛ぶ人々と招き猫をデザインした。

 「ひもののぼり」と「商売繁盛うなぎのぼり」が掲揚される「沼津こいのぼりフェスティバル」は4月19日から5月5日まで、静岡県沼津市の港口公園にて開催。なお、こいのぼりの掲揚は19日からスタートしていたが、20日に暴風雨に見舞われてポールが折れたため、一時掲揚を休止している。22日には再掲揚を行う予定だ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

    トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】精密機器メーカーが国内唯一の「ハンドベル」を作るようになった理由――群馬県・アプリ

  6. 日本橋兜町再開発、「国際金融都市東京」構想の一翼を担う街づくりへ

  7. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  10. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

アクセスランキングをもっと見る

page top