「地元産」主婦のキーワードに……食品購入時の最重視ポイントは産地 画像 「地元産」主婦のキーワードに……食品購入時の最重視ポイントは産地

インバウンド・地域活性

 ソフトブレーン・フィールドが既婚女性を対象に、健康に関するアンケートを実施。食品購入時に重視する点などのアンケート結果を発表した。

 アンケート対象は主婦を中心にした30~40代の既婚女性。回答者数は999名で、平均年齢は44歳。普段の買い物を自分が担当している人が76.5%、7割は自分が担当とした人は17.7%と、94%超が買い物に関わっている層が対象となっている。調査期間は2015年3月20日から3月26日。

 アンケート結果では、普段の生活で健康維持のために行っていることとして「バランスの良い食事」が75.9%でトップに。「うがい・手洗い(49%)」や「十分な睡眠(40.8%)」、「適度な運動(40.8%)」を大きく上回り、食への関心の高さが表れた。

 では、具体的に食材の購入時に重視する点は何だったかというと、「値段(24%)」をわずかに抑える形で「産地(26.9%)」がトップに挙がった。以下、「鮮度(18.2%)」、「味・美味しさ(13.5%)」、「栄養素・含有成分(4.9%)」が続いている。

 具体的な回答では、「地元産」「地産地消」などがキーワードに。地元産だからこその鮮度や味、安心感などに信頼が寄せられており、主婦層への大きな訴求ポイントとなっていることが見受けられる。

 一方で値段も無視できないポイントで家計を預かる立場から「納得のいく価格」であることを重視する割合も多い。

 主婦層のニーズである産地と価格。地元産の強みを活かして独自の流通ルートでコストを抑えるなど、2つを両立することができれば、小売や飲食店の訴求力アップに繋がりそうだ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  4. ~着地型観光:2~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(後編)

  5. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  9. 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top