手持ちのスマホで客のクレジットカード支払いに対応、「Wallets」が機能改善 画像 手持ちのスマホで客のクレジットカード支払いに対応、「Wallets」が機能改善

制度・ビジネスチャンス

 blueは、同社が運営するモバイル決済サービス「Wallets(ウォレッツ)」の決済フローや決済インターフェースを大幅に変更。利便性を高めた。

 「Wallets」は、手持ちのスマホにアプリをインストールすることで、商品購入やサービス利用時の会計で、客からのクレジットカード支払いに対応できるようにするモバイル決済サービス。利用の流れとしてまず、店側と客側が事前に専用アプリをインストールし、さらに客はVISAもしくはMasterCardのカード情報を登録しておく。会計時に店側がアプリ上で金額を入力するとQRコードが表示され、そのQRコードを客がスマホでスキャンすることで、自動でクレジットカード決済が完了する。

 今回、変更となった機能として、決済確認画面をカットしたことでスキャンすると即座に支払いが完了。また、通信ロジックも変更したことで決済時間が短縮され、よりスピーディーに決済を行えるようになった。加えて、支払後に利用明細を自動表示できるほか、通信エラー時の詳細表示にも対応する。

 「Wallets」は昨年12月にサービスがスタートしたが、それ以前にも他のモバイル決済サービスがすでに事業を展開している。代表的なものは、「Square(スクエア)」や「Coiney(コイニー)」、「楽天スマートペイ」、「PayPal Here(ペイパルヒア)」だ。これらの4つのサービスは、専用のカード読取機をスマホの接続端子に取り付け、客のクレジットカードを読取機に通して読み取る。一方の「Wallets」は、前述のように、客がクレジットカードを提示することなく決済できるのが大きな特徴だ。

 仕組みや利用方法に違いはあるが、「Square」「Coiney」「楽天スマートペイ」「PayPal Here」はユーザーを着々と増やし、モバイル決済サービスの市場を確立させつつある。後発の「Wallets」も含め、小規模店舗はもちろん、イベント会場や移動店舗でもクレジットカード支払いに対応できる点で、モバイル決済サービスのさらなる普及が期待される。逆に、モバイル決済サービスを利用することで、店側も手軽に、クレジットカード支払いを希望する客を取り込むことができる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  2. 大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

    大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. 「建設産業政策2017+10」着々と具体化、10年後の建設業はどう変わる?

  5. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  6. 世紀東急工業ら、小規模現場の敷きならしICT化/ミニバックホウ排土板MC技術開発

  7. ~健康経営が生む新ビジネス:1~“チャットで健康相談”にニーズ

  8. 鉄道総研、コンクリ橋梁の津波対策で被害予測判定法実用化へ

  9. 熊本地震からいち早く営業再開した「蘇山郷」、復活までのすべて

  10. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

アクセスランキングをもっと見る

page top