手持ちのスマホで客のクレジットカード支払いに対応、「Wallets」が機能改善 画像 手持ちのスマホで客のクレジットカード支払いに対応、「Wallets」が機能改善

制度・ビジネスチャンス

 blueは、同社が運営するモバイル決済サービス「Wallets(ウォレッツ)」の決済フローや決済インターフェースを大幅に変更。利便性を高めた。

 「Wallets」は、手持ちのスマホにアプリをインストールすることで、商品購入やサービス利用時の会計で、客からのクレジットカード支払いに対応できるようにするモバイル決済サービス。利用の流れとしてまず、店側と客側が事前に専用アプリをインストールし、さらに客はVISAもしくはMasterCardのカード情報を登録しておく。会計時に店側がアプリ上で金額を入力するとQRコードが表示され、そのQRコードを客がスマホでスキャンすることで、自動でクレジットカード決済が完了する。

 今回、変更となった機能として、決済確認画面をカットしたことでスキャンすると即座に支払いが完了。また、通信ロジックも変更したことで決済時間が短縮され、よりスピーディーに決済を行えるようになった。加えて、支払後に利用明細を自動表示できるほか、通信エラー時の詳細表示にも対応する。

 「Wallets」は昨年12月にサービスがスタートしたが、それ以前にも他のモバイル決済サービスがすでに事業を展開している。代表的なものは、「Square(スクエア)」や「Coiney(コイニー)」、「楽天スマートペイ」、「PayPal Here(ペイパルヒア)」だ。これらの4つのサービスは、専用のカード読取機をスマホの接続端子に取り付け、客のクレジットカードを読取機に通して読み取る。一方の「Wallets」は、前述のように、客がクレジットカードを提示することなく決済できるのが大きな特徴だ。

 仕組みや利用方法に違いはあるが、「Square」「Coiney」「楽天スマートペイ」「PayPal Here」はユーザーを着々と増やし、モバイル決済サービスの市場を確立させつつある。後発の「Wallets」も含め、小規模店舗はもちろん、イベント会場や移動店舗でもクレジットカード支払いに対応できる点で、モバイル決済サービスのさらなる普及が期待される。逆に、モバイル決済サービスを利用することで、店側も手軽に、クレジットカード支払いを希望する客を取り込むことができる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  2. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  5. 小池都知事、入札契約制度改革の姿勢崩さず/中小企業に根強い不安

  6. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  7. 所有者不明農地、増加する一方

  8. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  9. 西新宿五丁目再開発、160メートルのビルやコミュニティー広場も

  10. 国交省が工事の準備・後片付け期間を改定。下期発注で運用、7工種で定義も明確化

アクセスランキングをもっと見る

page top