「つながっていたい」けど「リセット」したい…ウラハラ・マインドな若者像 画像 「つながっていたい」けど「リセット」したい…ウラハラ・マインドな若者像

ライフ

 電通総研は20日、関東・関西・東海圏の高校生・大学生・20代社会人の3,000人を対象に「若者まるわかり調査2015」を実施。画一的な若者像を見直すデータとして、中小経営層にも参考になるかもしれない。

 調査の結果、社会や将来に対する意識については、自分の将来を不安と感じている割合(64.4%)よりも、日本の将来が不安と感じている割合(77.3%)の方が高いことが分かった。一方で、89.5%の若者が日本のことを好きと回答していた。この他、Twitterの複数アカウント所有率は、高校生で62.7%、大学生で50.4%であったが、人間関係をリセットしたくなることがあると回答したのは全体の54.7%。最も高かったのは女子高校生で67.8%という結果も明らかになっている。

 このように、日本の将来は不安だけど日本のことは好き、つながっていたいけど人間関係をリセットしたい、いわゆる裏腹な意識=「ウラハラ・マインド」を持つ今の若者像が判明した。

 以下、調査で明らかになった若者のウラハラ・マインド。

1.『日本の将来は不安』だけど、日本のことは好き
2.つながっていたいけど、『リセットしたい人間関係』
3.自分たちが『社会をリードしたい』けど、変えることまでは考えていない男子
4.『老後の生活が不安』だけど、今は楽しみたい女子
5.欲しいものはあるけど、『堅実・節約家と思われたい』
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 2020年、国内教育ICT市場予測、一人1台タブレットなるか?

    2020年、国内教育ICT市場予測、一人1台タブレットなるか?

  2. ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

    ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

  3. 企業や自治体が遺伝子検査を健康推進に活用する時代……MY CODE

    企業や自治体が遺伝子検査を健康推進に活用する時代……MY CODE

  4. 実際儲かる?…米国Uberドライバーの生の声《前編》

  5. 【訃報】元清水建設社長・野村哲也氏が死去…建設3団体統合にも尽力

  6. 第48回産経「高校生文化大賞」作文、論文を大募集

  7. キーワードは高齢者、共働き、子育て!食品宅配サービス市場がじわり拡大

  8. 「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」、応募締め切り迫る

  9. スポーツ庁発足に向け「学校健康教育課」が移転

アクセスランキングをもっと見る

page top