「つながっていたい」けど「リセット」したい…ウラハラ・マインドな若者像 画像 「つながっていたい」けど「リセット」したい…ウラハラ・マインドな若者像

ライフ

 電通総研は20日、関東・関西・東海圏の高校生・大学生・20代社会人の3,000人を対象に「若者まるわかり調査2015」を実施。画一的な若者像を見直すデータとして、中小経営層にも参考になるかもしれない。

 調査の結果、社会や将来に対する意識については、自分の将来を不安と感じている割合(64.4%)よりも、日本の将来が不安と感じている割合(77.3%)の方が高いことが分かった。一方で、89.5%の若者が日本のことを好きと回答していた。この他、Twitterの複数アカウント所有率は、高校生で62.7%、大学生で50.4%であったが、人間関係をリセットしたくなることがあると回答したのは全体の54.7%。最も高かったのは女子高校生で67.8%という結果も明らかになっている。

 このように、日本の将来は不安だけど日本のことは好き、つながっていたいけど人間関係をリセットしたい、いわゆる裏腹な意識=「ウラハラ・マインド」を持つ今の若者像が判明した。

 以下、調査で明らかになった若者のウラハラ・マインド。

1.『日本の将来は不安』だけど、日本のことは好き
2.つながっていたいけど、『リセットしたい人間関係』
3.自分たちが『社会をリードしたい』けど、変えることまでは考えていない男子
4.『老後の生活が不安』だけど、今は楽しみたい女子
5.欲しいものはあるけど、『堅実・節約家と思われたい』
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 出店開業したい飲食ジャンル1位は? 出店予算は増加傾向

    出店開業したい飲食ジャンル1位は? 出店予算は増加傾向

  2. 円安の悪影響か!? アパレル小売の倒産が2000年以降最多ペース

    円安の悪影響か!? アパレル小売の倒産が2000年以降最多ペース

  3. 東京・江戸川区が熟年向けOZmagazine発刊、新シニアに送付も

    東京・江戸川区が熟年向けOZmagazine発刊、新シニアに送付も

  4. 居酒屋などで飲み物を注文しない客はマナー違反? どう対処する?

  5. 【ご当地美人】観光は世界共通の楽しみ……高松ゆめ大使・小池絢さん

アクセスランキングをもっと見る

page top