国が認める中小企業経営の相談相手が増えています! 画像 国が認める中小企業経営の相談相手が増えています!

マネジメント

 中小企業庁は16日、中小企業経営力強化支援法に基づき、同日付で経営革新等支援機関として新たに135機関を認定したと発表。経営革新等支援機関は合計で2万3628機関となった。

 経営革新等支援機関とは、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や中小企業支援にかかわる実務経験が一定レベル以上の個人、法人。2012年8月から施行された中小企業経営力強化支援法に基づき、国が認定するもので、金融機関や税理士、公認会計士、弁護士、行政書士などが認定を受けている。

 同機関が提供する主な支援内容は、財務内容等経営状況の分析や、経営課題の抽出、事業計画の策定に向けた支援・助言、事業計画の実施に必要な支援・助言など。つまり、「業績をアップさせたい」「経営を向上させたい」「財務内容や経営状況を分析したい」といったさまざまな経営課題に対するよき相談相手として、支援をしてもらえるわけだ。

 中小企業庁のホームページでは「経営革新等支援機関認定一覧」が閲覧できるほか、北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州の経済産業局や、沖縄の経済産業部などでは経営革新等支援機関についての問い合わせを受け付けている。ぜひとも活用したい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

    相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  2. 東芝、トヨタ採用増で車載向けで半導体加賀工場に投資

    東芝、トヨタ採用増で車載向けで半導体加賀工場に投資

  3. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

    大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  4. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  5. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  6. 国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

  7. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  8. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  9. 中小ものづくりを後押し、東商が産学公連携の橋渡しで実績

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

アクセスランキングをもっと見る

page top