ミャンマー観光省、総額4億8660万ドルのプロジェクト――2020年マスタープラン 画像 ミャンマー観光省、総額4億8660万ドルのプロジェクト――2020年マスタープラン

海外進出

38のプロジェクト、総額4億8660万ドル投じて実施

ミャンマー観光省は、国の観光マスタープランを公表した。

ミャンマーの観光業に関しては、アジア開発銀行とノルウェー政府が資金援助を行っている。今回のプランは両者からの要望などに従ったものだという。

観光省のHtay Aung大臣によれば、マスタープランは短期、長期を含む38のプロジェクトからなり、2020年までに完了することを目指している。

プロジェクト費として総額4億8660万ドルが投じられる予定で、観光省は既に21プロジェクトを対象とする2億1560万ドルを受け取っている。

ミャンマーへの観光客は、今後年間150万人増加し、2020年には800万人、観光による収益は100億ドルに達すると期待されている。

観光地の基盤整備、新しい拠点の開発、人材・組織を強化

マスタープランでは、「新しい観光拠点の開発」「観光地の基盤構築」「人材の開発」「組織の強化」など、6つの戦略を提示した。

ヤンゴン、バガン、マンダレー、チャイティーヨー、ンガパリなどポピュラーな観光地は特にサービス向上に力をいれており、今後7年間で著しく改善されるとみられている。

Chaungtha、Ngwesaungビーチ、Putao、Myeik Archipelago、Naga Landなどは、道路や交通の整備により、今後アクセスが容易になる観光地として注目されている。

(画像:TTR Weeklyより)

ミャンマー観光省、2020年までのマスタープランを公表

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

    【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  4. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  5. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  6. ホンダ・マレーシア、7車種のバッテリーをアップデートへ 93,929台に上る見込み

  7. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  8. 三栄建築設計、ホーチミン市のマンション開発に参画

  9. インドネシアの二輪市場回復は「早ければ今年後半から」……ヤマハ柳社長

アクセスランキングをもっと見る

page top