自動車輸出の拠点に――182億円かけ名古屋金城ふ頭の再編改良工事 画像 自動車輸出の拠点に――182億円かけ名古屋金城ふ頭の再編改良工事

インバウンド・地域活性

国土交通省中部地方整備局と名古屋港湾事務所は、自動車関連産業の国際競争力を強化することを目的に、2015年度から新たに名古屋港金城ふ頭の再編改良事業を実施すると発表した。

今回の事業では、非効率な物流の改善や船舶の大型化への対応を図るため、水深12メートルの岸壁・泊地・航路を整備するとともに、くし型の突堤間を埋め立てて自動車の保管用地を整備する。

新設する水深12メートル岸壁は、耐震強化岸壁として整備し、大規模地震発生後の緊急物資の輸送に供するとともに、自動車輸送機能の早期回復に寄与する。

名古屋港は完成自動車の輸出取扱台数が国内の約4割を占めており、金城ふ頭からは、三菱、トヨタ、ホンダ、スズキの新車や各メーカーの中古車などの完成車が年間約40万台世界各地へ輸出されている。

近年、水深12メートルが必要な自動車運搬船の着岸が増加し、既存施設では荷物を満載することができないため、緊急的な対応が必要となっていた。加えて、完成車の海上輸送は、船積み前の自動車を保管する広い用地が必要となるものの金城ふ頭では狭く、保管用地は他のふ頭に点在している。このため、ほかのふ頭から完成自動車を移動させる必要があるなど、輸送コストの増加が問題となっていた。

金城ふ頭の再編改良事業は、事業期間が2015年度から2021年度で、事業費182億円。完成車輸送の「船舶の大型化」、「狭隘な保管用地」「施設の老朽化」などの課題に対応する。

名古屋金城ふ頭、自動車輸出の主力拠点化へ向けて再編改良工事に着手

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  2. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  3. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  4. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  5. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  8. 埼玉を日本一の「うどん県」に! 製麺量2位/狙え、香川超え!

  9. 兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

  10. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top