「携帯電話番号だけで認証」小売店向けポイント管理サービスが韓国から上陸 画像 「携帯電話番号だけで認証」小売店向けポイント管理サービスが韓国から上陸

IT業務効率

 小売店舗の店頭にて携帯電話番号を入力するだけでポイントを利用する事ができる、韓国発のクラウド型ポイント管理サービス「dodo(ドド)」が日本に上陸した。

 日本で「dodo」を提供するのは、Spoqa合同会社(本社・東京都千代田区、代表取締役・倉重亮)。4月16日よりサービスを開始している。

 韓国でのサービス立ち上げから2年間で、利用者数350万人、導入店舗2500店舗を達成した「dodo」。ポイントカードやスマートフォンを持たずとも、店頭のiPadに携帯電話番号を入力するだけで、商品購入時のポイントを取得でき、クーポンや割引券などの特典を利用することが可能となる。

「財布の中のカードが増えて面倒」だと感じる来店者にとって大きな負担軽減になるほか、店舗側は来店者の携帯電話番号情報のみで、年齢、性別、来店日時、来店回数、購入商品などの利用者データを確認することができる。

 また、導入店舗は「dodo」利用者にSMSでメッセージやクーポンを送ることができ、個別にカスタマイズしたキャンペーンの実施が可能となる。韓国国内で同サービスを導入している店舗での利用者リピート率は、1年間で平均56%向上したという。

 韓国発のクラウド型ポイントサービス「dodo」。リピーターを獲得したい店舗にとって非常に効率的なシステムだが、日本での運営を想定した場合、懸念されるのが「携帯の番号を伝える事の抵抗感」。セキュリティ意識の向上が日頃から訴えられる日本において、果たして同サービスが浸透するのか、行方を見守りたい。

 システム利用料は月額最大4400円(税別)で、iPad端末のレンタルも可能。
《本折浩之》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  6. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  7. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  8. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

  9. 【新価値創造展2015】スカイツリーにも採用された”緩まない”特殊ナット

  10. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

アクセスランキングをもっと見る

page top