社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表 画像 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

マネジメント

 転職・就職のための口コミサイト「Vokers」を運営するヴォーカーズが、「平成生まれの退職理由ランキング」を発表した。

 このランキングは、新卒入社から3年以内に退職した平成生まれ社員のレポートから、「退職理由」をピックアップし、分類、分析を行ったもの。627件のデータを集計した結果、ずば抜けて多かったのが「キャリア成長が望めない」、「残業・拘束時間の長さ」の2つだった。

 早期退職の理由としてもっとも多かった「キャリア成長が望めない」は、全体で25.5%を占めており、「手に職がつかない」「思い描いていたキャリアと違った」といった現在のキャリアに対する不安や、「海外で働きたい気持ちがあり、そのチャンスがあった」など、より魅力的なキャリアアップチャンスに恵まれたことがきっかけとなっている。業種別では、「旅行・ホテル・旅館・レジャー」でもっとも多く、40.9%。「官公庁・独立行政法人」でもトップで37.5%が理由として挙げている。

 「キャリア成長」に次いで多かったのが「残業・拘束時間の長さ」。こちらは全体で24.4%と、1位とほぼ同水準で多い理由となっている。「残業代が出ない」「残業の慢性化」といった内容で、人手不足やサービス残業の常態化が社員にとって大きな不満、負担の原因となっていることがうかがえる結果に。業種別で見ても、「フードサービス・飲食」「小売」「不動産関連・住宅」「教育・研修サービス」「放送・出版・新聞・映像・音響」の5業種でトップとなっている。

 いわゆる「ブラック企業」の代表的特徴の1つでもある残業や長時間労働。「フードサービス・飲食」では2位に「体力がもたない」、5位に「体調を壊した」といった理由が入っており、労働時間の長さによる負担の大きさが大きな離職理由になっている。

 総合ランキングでは以下、3位に「仕事内容とのミスマッチ」(19.8%)、4位に「待遇・福利厚生の悪さ」(18.5%)、5位に「企業の方針や組織体制・社風などとのミスマッチ」(14%)が挙げられており、いずれもキャリア的な展望や労働環境に関わる問題が目立っている。
《こばやしあきら》

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

    「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

  2. 市場変化に備え……ゼネコン各社が新規分野開拓、海外事業拡大に注力

    市場変化に備え……ゼネコン各社が新規分野開拓、海外事業拡大に注力

  3. トンボとイーストボーイが学校制服分野で提携

    トンボとイーストボーイが学校制服分野で提携

  4. 日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

  5. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  6. インバウンドだけでなく日本人旅行者も…星野リゾート代表

  7. 愛媛県がUIJターン支援、県外からの人材雇用に最長3か月間給料など助成

  8. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  9. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

  10. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

アクセスランキングをもっと見る

page top