おもてなし規格認証を活用した「観光まちづくり」/伸び盛り企業会議2018

2018年3月27日
 日本のGDPの70%を占め、経済の柱ともいえるのがサービス産業だ。今後の地域経済や日本経済の発展にはサービス産業の活性化と生産性向上が必須の課題だ。

■豊岡のおもてなし規格認証「認証を通じて若者が働きやすい会社にする」

最後に豊岡市の事例が紹介された。まず城崎温泉旅館協同組合理事長の芹沢正志氏は「城崎温泉は『町全体が一つのお宿』というのがコンセプトです」と話した。これは駅を玄関、道路を廊下、各旅館を部屋に見立てた比喩であり、同業者どうしが協力しあっておもてなしをする「共存共栄の精神」にもとづいている。

 城崎温泉ではここ5年で外国人観光客数が40倍に増えているが、基本的な考え方としてはまず日本人に愛される温泉を作ることが大事であり、その結果外国人にも愛される温泉になることを強調。そのために城崎温泉では景観を損ねるような外国語標記の標識・看板を最小限にとどめ、日本人観光客にとって違和感のない町づくりを心がけている。

 芹沢氏は「城崎温泉は家族経営の小さな旅館が6~7割を占めています。それぞれ歴史のある旅館なので感覚的なおもてなしは根付いていますが、これからのニーズに応えるためにはおもてなし規格認証で自覚を向上させていく必要があります」と話した。

 また豊岡市役所環境経済部UIターン戦略室主幹の若森洋崇氏は「豊岡市は『小さな世界都市』を目指しています」と話した。『小さな世界都市』というのは人口が少なくても地域固有であることを通じて、世界の人から尊敬される街のことであり、ローカルであること、地域固有であることこそが世界で輝くチャンスであり、その代表が城崎温泉なのだという。

 若森氏は「豊岡市の中で一番集客力があるのは城崎温泉です。しかし人手不足は否めません。そこでおもてなし規格認証を通じて、若者が働きやすい会社を目指し、UIターンを増やしたいと考えています」と締めくくった。

 最後に平川氏は「成長には人とお金がどうしても必要になります。地域で信頼されるサービス業を生み出すことが、おもてなし規格認証が目指していくところです。今日紹介した3つの地域のあり方を参考にして、自分の地域で『観光まちづくり』を進めていただきたい」とまとめた。

《川口裕樹/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 増え続けるムスリム訪日客、キーワードは「食事」と「お祈り」!

    日本を訪れるムスリム(イスラム教徒)の観光客が増えています。東南アジアや中東に多く住むムスリムは世界人口の1/4にも及び、日本を訪れるムスリムが増えるということは大きなマーケットのチャンスがあると言えます。日本におけるハラル(イスラム)ビジネスの先駆者である佐久間朋宏さんの話からビジネスへの具体的対応を抽出します。

    2019年1月17日

    イベントレポート

  • 困難な時代に求められる"経営の本質"とは?/第1回「経営デザイン認証」認証式

    「日本経営品質賞」の活動を支える経営品質協議会により、今年度から新たに創設された「経営デザイン認証」。日本国内の企業やNPO などの組織が「経営をデザイン」することにより、生産性の改善・改革や事業承継の活性化がその目的です。

    2018年12月25日

    イベントレポート

  • SNS時代だからこそ「食」を地域活性化の起爆剤に!

    オンラインビジネスが活発となり、リアルにおけるレジャー産業が転換期にある中、「食」をフックにした誘客が注目を集めています。バーチャルでは得ることのできない「抜きん出た感動消費体験」が食にはあるからです。食を地域活性化へとつなげるにはどのような視点が必要なのでしょうか? 横濱カレーミュージアムを成功させたテーマパークプロデューサーの池澤守さんのセミナーからひもときます。

    2018年12月21日

    イベントレポート

  • システム導入だけではうまくいかないデジタルマーケティング――その現状と問題点をレポート!

    MA(マーケティングオートメーション)やDMP(インターネット上のデータを管理するためのプラットフォーム)の導入を検討している企業が増えています。今回の記事では、「Japan IT Week」での講演から、業態の異なる三社によるデジタルマーケティングの現状や効果的な活用方法へのアイディアをピックアップします。

    2018年11月30日

    イベントレポート

  • 小売業界のIT導入はネットから実店舗へ〜中国AI企業とローソンの事例から見る店舗ビジネスの今後〜

    インターネットの登場以降、ECサイトが先行してきた「ユーザーの利便性向上」や「導線分析」。しかし、ハードウェアやAI技術の発達により、実店舗でもECサイトで培ってきたノウハウを導入できるようになっています。ネットショッピングに顧客を奪われ続けてきた小売業界ですが、実店舗ならではの利便性の向上が、その魅力の再確認につながりそうです。今回の記事では、10月25日に開催された「Japan IT Week」のセミナーの中から、「実店舗におけるIT活用」をテーマに中国と日本におけるAI技術の導入事例についてレポートします。

    2018年11月28日

    イベントレポート

  • 酒で地域と訪日外国人をつなげる「酒蔵ツーリズム」をさらに盛り上げるために

    訪日外国人が日本に来たら体験してみたいことの上位に「日本のお酒を飲むこと」が挙げられています。今後ラグビーワールドカップやオリンピックを控え、ますます訪日外国人が増える中、「酒蔵ツーリズム」が重要な観光コンテンツとして注目されています。「ツーリズムEXPOジャパン」から、酒蔵ツーリズムを巡って交わされたクロストークの抄録をお届けします。

    2018年11月16日

    イベントレポート

  • 海外富裕層の訪日を促進させるための方法とは?

    インバウンドにおいて重要とされるのが「海外富裕層」です。落とすお金やリピーターの点で、バックパッカーとは雲泥の差があるからです。「ツーリズムEXPOジャパン」でも「ラグジュアリー・トラベル・マーケット・シンポジウム」と題して海外富裕層マーケティングをいかに促進させるかが議論されました。今回は海外富裕層のインバウンドについて交わされたトークライブの採録をお届けします。

    2018年11月14日

    イベントレポート

  • ICT活用で地域観光の課題を解決する!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はICTを軸に交わされたトークライブの採録をお届けします。地域の観光で徐々に取り入れられている「旅のデジタル化」。その最前線として岐阜県(下呂、高山)の例から考えます。

    2018年10月31日

    イベントレポート