おもてなし規格認証を活用した「観光まちづくり」/伸び盛り企業会議2018

2018年3月27日
 日本のGDPの70%を占め、経済の柱ともいえるのがサービス産業だ。今後の地域経済や日本経済の発展にはサービス産業の活性化と生産性向上が必須の課題だ。

■豊岡のおもてなし規格認証「認証を通じて若者が働きやすい会社にする」

最後に豊岡市の事例が紹介された。まず城崎温泉旅館協同組合理事長の芹沢正志氏は「城崎温泉は『町全体が一つのお宿』というのがコンセプトです」と話した。これは駅を玄関、道路を廊下、各旅館を部屋に見立てた比喩であり、同業者どうしが協力しあっておもてなしをする「共存共栄の精神」にもとづいている。

 城崎温泉ではここ5年で外国人観光客数が40倍に増えているが、基本的な考え方としてはまず日本人に愛される温泉を作ることが大事であり、その結果外国人にも愛される温泉になることを強調。そのために城崎温泉では景観を損ねるような外国語標記の標識・看板を最小限にとどめ、日本人観光客にとって違和感のない町づくりを心がけている。

 芹沢氏は「城崎温泉は家族経営の小さな旅館が6~7割を占めています。それぞれ歴史のある旅館なので感覚的なおもてなしは根付いていますが、これからのニーズに応えるためにはおもてなし規格認証で自覚を向上させていく必要があります」と話した。

 また豊岡市役所環境経済部UIターン戦略室主幹の若森洋崇氏は「豊岡市は『小さな世界都市』を目指しています」と話した。『小さな世界都市』というのは人口が少なくても地域固有であることを通じて、世界の人から尊敬される街のことであり、ローカルであること、地域固有であることこそが世界で輝くチャンスであり、その代表が城崎温泉なのだという。

 若森氏は「豊岡市の中で一番集客力があるのは城崎温泉です。しかし人手不足は否めません。そこでおもてなし規格認証を通じて、若者が働きやすい会社を目指し、UIターンを増やしたいと考えています」と締めくくった。

 最後に平川氏は「成長には人とお金がどうしても必要になります。地域で信頼されるサービス業を生み出すことが、おもてなし規格認証が目指していくところです。今日紹介した3つの地域のあり方を参考にして、自分の地域で『観光まちづくり』を進めていただきたい」とまとめた。

《川口裕樹/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコト」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事