~社内コミュニケーションの秘訣~すべてはカンナがけから始まった/アキュラホーム

2017年7月18日
時代を生き抜く強い企業とは何でしょう? すばらしい商品やサービスはもちろんですが、そこにいたる会社のなかでの社員どうしのコミュニケーションが、本当はいちばん大切なのかもしれません。仲間と笑い合える会社が、今元気です。「小さい」「予算がない」「時間が足りない」といった悪条件を、彼らはどんな発想で乗り越えていったのか? 明るく楽しい会社やリーダーの活動から解き明かしていきます。第六回は、自由設計で建てる木造注文にこだわりを持つ住宅建設業「株式会社アキュラホーム」の宮沢俊哉社長について、総務人事部人事課長 池沢篤人さん、総務人事部人事課担当課長 篠原亜梨沙さんにお話を聞きました。
◆第六回 宮沢俊哉さん(57歳)◆
三代続いた大工の家系出身。1978年に修行先から独立し、1986年に注文建築専門会社を立ち上げた。1991年、現在のアキュラホームを設立。キッズデザイン賞、グッドデザイン賞等受賞多数。2016年には第1回ホワイト企業アワードで「CSR部門賞」「女性活躍部門賞」をダブル受賞するなど、“働き方改革”にも力を注いでいる。

入社式で宮沢社長自ら手ほどきを受ける新入社員たち。普段接することのないカンナがけを通して、新入社員達は木の香りや手触り、自分たちの生業に関わる根幹を体験し、学生から社会人へ意識のスイッチを切り替える

■生業の根幹と企業ヴィジョンを体感し、思い起こさせる「カンナがけ

 大工仕事の中でも、カンナがけというのは最も繊細で、修行を要する技術のひとつだ。まず、カンナがけのための道具を作り、用意する技術が難しい。カンナの刃を研ぎ、台や刃の出方を調整するなど、カンナがけそのものよりも準備の方が大切だと言われ、大工仕事の重要な習得技術のひとつだ。この「カンナがけ」を、新入社員の入社イベントで社長が実演し注目を集める企業がある。木造注文住宅建築にこだわるアキュラホームだ。

 アキュラホームは、宮沢社長が創業した木造注文住宅を手がける企業で、今年で創業39年を迎える。一代で1000人規模へ成長した企業だ。しかし元を辿れば、宮沢社長は三代続いた大工の家系。幼少期の遊び場は父親の作業場であり、身近にあった道具で残った材料でものを作るのが大好きな少年であったという。大工に憧れ、自然と大工になる道を選んだ宮沢社長は、中学を卒業後すぐに大工の修行に出た経歴を持つ。

「宮沢は、社員に『“匠”になって欲しい』という思いを持っているんですね。物作りの匠という意味だけではありません。例えば『広報の匠』『人事の匠』というように、『それぞれの立場、それぞれの分野でプロフェッショナルであれ』という願いなんです。その象徴としてのカンナがけでもあります」(池沢)

 入社式では社長自らによる実演に加え、社長から手ほどきを受けて新入社員たちも手を動かすという。普段接することのないカンナがけを通して、新入社員達は木の香りや手触り、自分たちの生業に関わる根幹を体験し、学生から社会人へ意識のスイッチを切り替える。既に10年程続いているこの入社イベントは、社長の目指すヴィジョンを、新鮮な驚きの中に五感で体験できる、印象深い機会と言えそうだ。

株式会社アキュラホーム 総務人事部人事課長 池沢篤人さんと同担当課長 篠原亜梨沙さん。アキュラホームは2016年には第1回ホワイト企業アワードで「CSR部門賞」「女性活躍部門賞」をダブル受賞するなど、“働き方改革”にも力を注いでいる

■社員の幸せが、お客様を幸せにする家づくりに繋がる

 創業38年のアキュラホームだが、会社が右肩上がりで業績を大きく上げてきたのはこの十数年だという。会社を大きくしてお客様を喜ばせることに邁進していた20数年。しかし「自分は何を大事にしてきたのか」とある時立ち止まり、「ものづくり」「品質」という価値に立ち返って考えるきっかけとなったのが「元大工」「カンナがけ」というキーワードだった。

 そして「社員を幸せにしないと、お客様を幸せに出来ない」と気づいたのも、この頃だったという。「お客様を大事にする」「豊かな暮らしを提案しよう」というヴィジョンを掲げ、自らが猛烈に働いてきた社長が、今後更に多くのお客様を喜ばせようとしたとき、社長のヴィジョンを実現してくれる「社員の幸せ」を支えなければならないという意識の変化があった。

「『お客様の住宅を作っている会社の社員が、毎日家に寝るだけの為に帰るという生活をしていたら、どうしてお客様に『このキッチンはこれがいいですよ』と提案できる?』ということは、社長がよく問いかけていることの一つ。社員の幸せな生活が実践できていることが、お客様への適切な提案にも繋がります」(池沢)

 このため、アキュラホームでは様々な制度が充実する方向へ舵が切られることになった。2017年には、一般財団法人日本次世代企業普及機構が主催する「ホワイト企業アワード」で、アキュラホームはホワイト制度部門大賞を受賞しており、社員の働きやすさを追求した多面的な各種制度が大きな評価を受けている。

「ノー残業デーを推進し始めたのは5年くらい前。社長自ら率先して『ノー残業デーだよ!』と社員に声をかけてまわったりし始めました。長期休暇など象徴的な制度の設定はありますが、消化率などの目標値は、実は無いんです。日々の仕事の仕方を整えていかないと、『働く』『休む』というバランスの多様性は確保できませんので、そこを愚直に改善しようとしています」(池沢)

■出産や子育てという「生活」経験を、会社で活かす

 アキュラホームは女性にとって働きやすい企業としても注目を浴びている。2016年には前述の「ホワイト企業アワード」の女性活躍部門で受賞しており、社員の出産を後押しする「幸せ一時金制度」をはじめ、正社員でありながら勤務時間を短縮できる「育児短時間勤務制」や、子供が小学校に就学する月までパートナー社員としてつとめ、後に正社員へ復帰できる「育児コース転換制度」など、出産後のサポート体制も充実していることが評価の対象だ。

「わたしは以前、管理職の辞令交付があった時『出産したいから、管理職にはなりたくない』と固持したことがあるんです。その時社長が『出産をして、子供を育てて、そういう「生活」を会社に活かすために、戻ってきて活躍してほしい』と言ってくださって。それがすごく嬉しかったですね。産休復帰直前にお会いした時も『待ってるよ!』と直接声をかけてくださって、よし、頑張ろうと思えました」(篠原)

 たとえ制度が整っていても、その制度を「利用」出来るかどうかは、会社の空気に依るところが大きいのは言うまでも無い。社長自らが率先して社員の「生活」や「幸せ」に対して価値を表明し方向性を示すことで、会社全体の意思疎通やコミュニケーションが闊達化され、進んで行きやすくなっているという実感を感じていると、池沢さんは語ってくれた。

■長期休暇取得率100%を目指すことが、会社の成長に繋がる

 住宅メーカーや建設業は長時間労働のイメージがあるかもしれない。しかしアキュラホームでは去年、『長期休暇推進制度』を実施することに決めた。基本的に土日が休みなので、平日を5日休めば連続9日間の休暇が取れる。しかし今までは業務上の気兼ねや遠慮で、そのような休暇の取り方をしていた人はほぼ皆無だった。『やろうぜ』と会社をあげて推進することにしたが、「そんなこと出来るわけがない」という人もいたという。

「私も最初は『本当に取れるのかな』と疑心暗鬼な部分もあったんですけど、最終的には、7割弱の人が長期休暇を取ることが出来て、皆すごく喜んでいます。職場としても、休む為には段取りや業務フォローが必要になり、それが業務のことを考えるきっかけにもなったんです。『作業時間を減らしなさい!』と頭ごなしに言うより、ずっとプラスの感覚で取り組めて、とても良かったと思います」(池沢)

 「今年は100%の取得が目標です!」とあえて「目標値」を掲げる池沢さんの、満面の笑みが印象的だ。会社がこれからも成長を続けて行く為には、従業員の成長や幸せ無くしてはあり得ない。皆が幸せになる制度と、そこから生まれる円滑なコミュニケーションの活性化が、会社と従業員の相乗効果的な成長を促す秘訣となりそうだ。
《かのうよしこ/ライター》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコト」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • タピオカドリンクをもっと身近に〜郊外から攻めて十代の人気を獲得!

    いま、台湾発のタピオカドリンクがブームです。原宿や代官山では海外資本が続々と専門店を出店しています。そんな中、タピオカドリンクを郊外からじわじわと人気商品にしている日本の中小企業があることをご存知でしょうか。そこにはどんな戦略があったのでしょうか。J・Jの忠岡鴻謹社長に聞きます。

    2018年5月25日

    インタビュー

  • 固定電話をITで生産性向上につなげる〜CTIを低価格で便利に

    中小企業や小規模事業者では、固定電話でのお客様とのやり取りが経営を支えています。ただ、共有化やデータ化などができず、効率が非常に悪いのが問題でした。生産性向上するにはどうすればいいのか? ITを使ってその答えを出したのが、株式会社シンカの「クラウドCTI『おもてなし電話』」です。シンカ代表取締役の江尻高宏さんに聞きます。

    2018年5月24日

    インタビュー

  • 次に来るのはバスのシェアリング、目指すは旅行業の民主化

    今、ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発です。では、どうすれば成功する新業態を生み出すことができるのでしょうか? 急速に広がるシェアリングビジネスに登場したのが、貸切バスの手配を手がける「ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社」です。代表取締役の西木戸秀和氏に話を聞きます。

    2018年5月17日

    インタビュー

  • アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木氏に聞く②/経営者は「山頂の松」に学べ

    顧客価値を創出するための、卓越した経営。それを実践するロールモデルとなる組織・団体を表彰するのが、1995年に設立された「日本経営品質賞」です。この活動を支える経営品質協議会の副代表を務めるのが、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役会長の泉谷直木氏です。インタビュー後編では、変革の時代に多くの課題に直面する中小企業経営者が持つべき考え方や信念についてお話を伺います。

    2018年5月11日

    インタビュー

  • アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木氏に聞く①/新しく始まった「経営デザイン認証制度」とは?

    顧客価値を創出するための、卓越した経営。それを実践するロールモデルとなる組織・団体を表彰するのが、1995年に設立された「日本経営品質賞」です。この活動を支える経営品質協議会の副代表を務めるのが、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役会長の泉谷直木氏です。前編では日本経営品質賞に取り組む意義や目的と2018年度より新しく始まる「経営デザイン認証制度」について、そして、後編では変革の時代に多くの課題に直面する中小企業経営者が持つべき考え方や信念について、お話しを伺います。

    2018年5月9日

    インタビュー

  • 「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く2(後編)〜トップ保険サービス〜

    顧客本位の視点から、部分最適ではなく全体最適の経営を行い、自己変革を通して価値を創出し続けていく。そんな「卓越した経営」のモデルケースとなる企業を表彰するのが「日本経営品質賞」です。2017年度受賞組織のうち、中小企業部門で受賞した経営者に話を聞く、その第2回は「トップ保険サービス株式会社」(福岡県)。前編に引き続き、代表取締役社長の野嶋康敬氏に経営品質向上の秘訣を尋ねます。

    2018年5月2日

    インタビュー

  • 「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く2(前編)〜トップ保険サービス〜

    顧客本位の視点から、部分最適ではなく全体最適の経営を行い、自己変革を通して価値を創出し続けていく。そんな「卓越した経営」のモデルケースとなる企業を表彰するのが「日本経営品質賞」です。中小企業部門では2社が受賞しましたが、そのうちのひとつが福岡県北九州市で保険代理業を事業ドメインとする「トップ保険サービス株式会社」です。代表取締役社長の野嶋康敬氏に話を聞きます。

    2018年5月1日

    インタビュー

  • 「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く1(後編)~万協製薬~

    グローバリゼーションの進展や飛躍的な情報技術の発達、劇的な人口動態の変化などの要因により、企業をとりまく経営環境は著しく高度複雑化し、不透明性を増している。その様な状況下において、変化に柔軟に対応し、自己変革を通して新しい価値を創出することにより、持続的な競争優位性を築きあげていくことが企業経営にいま、強く求められている。そんな「卓越した経営」のモデルケースとなるのが、日本経営品質賞の受賞企業だ。

    2018年4月19日

    インタビュー