第2回社歌コンテスト「編集長賞」受賞者インタビュー/K-STYLE HAIR STUDIO

2018年2月8日
HANJO HANJOが、中小企業を応援する取り組みの一環として開催している「中小企業 社歌コンテスト」。第2回では第1回を上回る数の企業・団体から社歌動画の応募があったことに加え、昨年より多くの読者の皆様に投票にご参加いただきました。コンテスト期間中には、テレビ局や新聞社をはじめ、継続的にメディア取材を受けるなど、社歌ムーブメントは一過性の流行ではなく、スタンダードになりつつあるように感じています。
 いくつかある作品賞の中でも社歌にまつわる素敵なエピソードから最も印象に残った会社に贈られるのが、今回から新しく設けられた「編集長賞」。社歌に込められたストーリーをいかに歌や動画に落とし込むかがポイントとなります。初めてとなる「編集長賞」を受賞した東京都のヘアサロン、K-STYLE HAIR STUDIOの「日本一愛し愛される理容室 ~K-STYLEの理念ソング~」は社員の物語を強く感じさせてくれる社歌でした。
 受賞を記念してK-STYLE HAIR STUDIO代表の加藤進介さんに社歌制作の裏側や理念に込められた思いなどについてお話をうかがいました。

==

「編集長賞」を受賞したK-STYLE HAIR STUDIO代表 加藤進介さん。社歌のタイトルは「日本一愛し愛される理容室 ~K-STYLEの理念ソング~」。歌詞や映像から社員一人ひとりの物語が浮かび上がってくる

――社歌コンテスト「編集長賞」の受賞おめでとうございます。社歌「理念ソング」を作ろうと思ったきっかけを教えてください。

ありがとうございます。理容師はチームワークが大事であること、そしてK-STYLEの理念である「日本一愛し愛される理容室」に込めた思いを何か形に残したいと思ったことから、社歌の制作が始まりました。

「日本一 愛し愛される理容室」K-STYLE HAIR STUDIOの皆さん。3箇所でヘアサロンを展開、現在社員数は15名。東京の有楽町本店、神保町店に続き、今年、虎ノ門店をオープンした

――「日本一愛し愛される理容室」という理念にはどのような目的や意義が込められているのでしょうか?

まず社員を幸せにするということ。そして理容業界を盛り上げたいという思いや、理容を通してお客様に自信を持っていただきたい、お世話になった方々への恩返しをしたいという願いを込めています。

私たちの社歌はいわゆる「イメージソング」や「PRソング」ではなく、自分たちの理念や思いを共有する主に社内向けの歌です。ですから歌詞を作るにあたって社員一人ひとりの思いをヒアリングしたり、社員の親御さんやご家族からのメッセージを参照しました。できあがった歌詞を見たときは、家族のありがたさ、感謝や愛が反映されていて、思わず胸にこみ上げてくるものがありましたね。

――動画では、お店のある日比谷の風景から社員が働く姿へと場面が移り、それぞれの社員の歩んできた物語が浮かび上がってくるようです。「この広い東京でも私一人じゃない」という歌詞が印象に残ります。

K-STYLE HAIR STUDIOは地方出身の社員が多いのですが、東京で感じている孤独感を癒す仲間が一緒にいる、支えているよということを伝えたかったんです。

社歌を制作するにあたって、社員の親御さんやご家族からメッセージを書いてもらった。そこに綴られた言葉から「やさしい母のように」といった歌詞が生まれることに。「愛し愛される」の意味を社員皆で考えることが、最終的に社歌へと昇華していった

――映像と歌詞のバランスがよくできていると感心しました。社歌に対する社員のみなさんの反応はいかがですか?

動画が出来上がったときは少し照れ笑いでしたね(笑)。最初は社員が歌う予定ではなかったのですが、「ちょっと歌ってみようか」という感じから始め、最後にはみんなで歌うことになりました。

――お客様からも感想をいただいたとか。

お客様からは「(社員同士)仲良さそうだね」とコメントをいただきました。動画を見てくださっていること自体がうれしいですし、応援してくださっていることがとても励みになります。

――今後、会社として目標としていることはありますか?

今、働き方改革が話題になっています。理容業に限らずサービス業はグレーな部分もありますが、そんな中でもK-STYLE HAIR STUDIOはきちんとやっていきたい。例えば時短で働きたい人がいればそれに対応するシステムや環境を作ろうと考えています。理容師としての業務を維持しながら多様な働き方ができる環境を目指しています。それが社歌「理念ソング」にも込めたメッセージのひとつ「社員が幸せになる」につながると思っています。

●関連リンク

執筆者: 加藤陽之 - HANJO HANJO 編集長
コンピュータ関連の出版社からキャリアを始め、カルチャー雑誌などの編集長を歴任。これまで数多くの著名人をインタビューしてきた経験を活かし、HANJO HANJOでは中小企業経営者の深く掘り下げた話を引き出し続ける取材の日々。

インタビュー新着記事

  • タピオカドリンクをもっと身近に〜郊外から攻めて十代の人気を獲得!

    いま、台湾発のタピオカドリンクがブームです。原宿や代官山では海外資本が続々と専門店を出店しています。そんな中、タピオカドリンクを郊外からじわじわと人気商品にしている日本の中小企業があることをご存知でしょうか。そこにはどんな戦略があったのでしょうか。J・Jの忠岡鴻謹社長に聞きます。

    2018年5月25日

    インタビュー

  • 固定電話をITで生産性向上につなげる〜CTIを低価格で便利に

    中小企業や小規模事業者では、固定電話でのお客様とのやり取りが経営を支えています。ただ、共有化やデータ化などができず、効率が非常に悪いのが問題でした。生産性向上するにはどうすればいいのか? ITを使ってその答えを出したのが、株式会社シンカの「クラウドCTI『おもてなし電話』」です。シンカ代表取締役の江尻高宏さんに聞きます。

    2018年5月24日

    インタビュー

  • 次に来るのはバスのシェアリング、目指すは旅行業の民主化

    今、ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発です。では、どうすれば成功する新業態を生み出すことができるのでしょうか? 急速に広がるシェアリングビジネスに登場したのが、貸切バスの手配を手がける「ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社」です。代表取締役の西木戸秀和氏に話を聞きます。

    2018年5月17日

    インタビュー

  • アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木氏に聞く②/経営者は「山頂の松」に学べ

    顧客価値を創出するための、卓越した経営。それを実践するロールモデルとなる組織・団体を表彰するのが、1995年に設立された「日本経営品質賞」です。この活動を支える経営品質協議会の副代表を務めるのが、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役会長の泉谷直木氏です。インタビュー後編では、変革の時代に多くの課題に直面する中小企業経営者が持つべき考え方や信念についてお話を伺います。

    2018年5月11日

    インタビュー

  • アサヒグループホールディングス会長 泉谷直木氏に聞く①/新しく始まった「経営デザイン認証制度」とは?

    顧客価値を創出するための、卓越した経営。それを実践するロールモデルとなる組織・団体を表彰するのが、1995年に設立された「日本経営品質賞」です。この活動を支える経営品質協議会の副代表を務めるのが、アサヒグループホールディングス株式会社代表取締役会長の泉谷直木氏です。前編では日本経営品質賞に取り組む意義や目的と2018年度より新しく始まる「経営デザイン認証制度」について、そして、後編では変革の時代に多くの課題に直面する中小企業経営者が持つべき考え方や信念について、お話しを伺います。

    2018年5月9日

    インタビュー

  • 「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く2(後編)〜トップ保険サービス〜

    顧客本位の視点から、部分最適ではなく全体最適の経営を行い、自己変革を通して価値を創出し続けていく。そんな「卓越した経営」のモデルケースとなる企業を表彰するのが「日本経営品質賞」です。2017年度受賞組織のうち、中小企業部門で受賞した経営者に話を聞く、その第2回は「トップ保険サービス株式会社」(福岡県)。前編に引き続き、代表取締役社長の野嶋康敬氏に経営品質向上の秘訣を尋ねます。

    2018年5月2日

    インタビュー

  • 「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く2(前編)〜トップ保険サービス〜

    顧客本位の視点から、部分最適ではなく全体最適の経営を行い、自己変革を通して価値を創出し続けていく。そんな「卓越した経営」のモデルケースとなる企業を表彰するのが「日本経営品質賞」です。中小企業部門では2社が受賞しましたが、そのうちのひとつが福岡県北九州市で保険代理業を事業ドメインとする「トップ保険サービス株式会社」です。代表取締役社長の野嶋康敬氏に話を聞きます。

    2018年5月1日

    インタビュー

  • 「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社に聞く1(後編)~万協製薬~

    グローバリゼーションの進展や飛躍的な情報技術の発達、劇的な人口動態の変化などの要因により、企業をとりまく経営環境は著しく高度複雑化し、不透明性を増している。その様な状況下において、変化に柔軟に対応し、自己変革を通して新しい価値を創出することにより、持続的な競争優位性を築きあげていくことが企業経営にいま、強く求められている。そんな「卓越した経営」のモデルケースとなるのが、日本経営品質賞の受賞企業だ。

    2018年4月19日

    インタビュー