[PR]「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/静岡編1~静岡商工会議所~

2018年3月13日
シリーズ「『おもてなし規格認証』で会社が変わる!地域が変わる!」では、おもてなし規格認証で「変わる」地域と会社(事業所)をピックアップ。その「変わる」現場を、リポートします。
 全国各地で、「おもてなし規格認証」のムーブメントが始まっています。これまでなかなか評価しづらかった「サービスの品質」を「見える化」することで、サービスにかかわる企業(事業所)の方々のやる気や活力につながっているのがその理由です。「おもてなし規格認証に取り組み、お店をよくして商売繁盛につなげたい」「おもてなし規格認証をうまく使って、地方創生の起爆剤としたい」。そう語る地域のサービス事業者たちが日ごとに増えています。
 シリーズ「『おもてなし規格認証』で会社が変わる!地域が変わる!」では、おもてなし規格認証で「変わる」地域と会社(事業所)をピックアップ。その「変わる」現場を、リポートします。

生産性や経営力の向上支援のツールとなるのがおもてなし規格認証だ。「生産性向上の中でも特にITツールやインバウンド対応などを事業者の皆さんと一緒に取り組んでいきたいですね」と石川さんは語る(写真は静岡商工会議所の外観)

★シリーズ2:静岡編 1~静岡商工会議所~

 新幹線で通り過ぎるのに時間がかかることが評判になるほど静岡県は広い。熱海・伊豆など温泉が有名な東部、商業の中心地・静岡市を抱える中部、浜松、掛川など浜名湖周辺の西部、それぞれの地域がそれぞれの風土や文化を背景に独自のビジネスを展開しているのだ。

 シリーズ2では、観光を中心としたサービス産業の盛んな静岡県における「おもてなし規格認証」の取り組みについて、認証機関である静岡商工会議所と認証活動を支援している静岡銀行からその意図やや未来予想を聞き、後半(3回~5回)では、「東部」「中部」「西部」の県内3エリアから、金認証を取得したホテルや料亭の成功事例を紹介していきたい。

 第1回は認証機関である静岡商工会議所に登場いただく。注目すべきは、静岡商工会議所が全国の商工会議所の中ではおもてなし規格認証の認証機関として唯一指定されている点にあるだろう。広い県域において、静岡商工会議所がおもてなし規格認証の旗振り役となることで、県内のほかの商工会議所や金融機関等が連携、そしてその信頼感がサービス事業者に安心を生むという好循環が金認証取得者を次々と増やす結果をもたらしている。エリアを繋ぐ「オール静岡」によるバックアップ体制が、点(個別の事業者)を面(地域の発展)へと変え、サービス産業の生産性向上や観光によるまちづくりという大きな目標へと事業者の意識を高めているのだ。

 産業における地域コミュニティのまとめ役である商工会議所が、おもてなし規格認証で静岡県のサービス産業にどんな改革をおこそうとしているのか? 生産性の向上と経営品質の向上が事業者に何をもたらすのか? おもてなし規格認証の認証機関である「静岡商工会議所」理事の石川眞巳さんに話を聞く。

静岡県におけるおもてなし規格認証の特徴はエリアを繋ぐ「オール静岡体制」だ。「静岡商工会議所」が旗振り役となることで、県内のほかの商工会議所や金融機関等が連携、そしてその信頼感がサービス事業者に安心を生むという好循環が金認証取得者を次々と増やす結果をもたらしている。写真は静岡商工会議所理事の石川眞巳さん

■商工会議所や金融機関が一体となり「おもてなし規格認証」が広がった

――静岡県はおもてなし規格認証を広めるためにユニークな体制をとっていますね。

私たち静岡商工会議所は全国で11ある認証機関のうちの1つですが、静岡県のみに特化している点が特徴です。静岡商工会議所の本業での地域はほぼ静岡市だけなのですが、おもてなし規格認証については、県全域にある商工会議所や商工会、銀行や保険会社、そして県や市といった関係機関の皆さんと手を合わせ、「地域コンソーシアム」=「オール静岡」として普及活動に努めています。

――地域の産業界の取りまとめ役でもある商工会議所や商工会が後見してくれるというのは、事業者にとって安心感があります。

バックアップする私たちがまず率先しておもてなし規格認証を取得しました。県内商工会議所や商工会も積極的に取得しています。一方、金融機関では県内の地方銀行と信用金庫が認証を取っています。静岡銀行さんは金認証も取得していますし、信用金庫さんはすべての支店が紅認証をもっています。

おもてなし規格認証を広めるために、まずコンソーシアムを立ち上げることで事業者の皆さんに関心や安心をもっていただき、おもてなし規格認証を普及させようと考えたのです。

――静岡県のおもてなし機関認証ならではの施策があると聞きました。

一般消費者やインバウンドの観光客にむけておもてなし規格認証をPRするために、紅認証のステッカーを独自に作って取得者全社に無料で配布しています。

おもてなし規格認証を広めるにあたっては、特に金認証が大切だと考えています。金認証を取得することで自社をPRすることができる、そして他社の取り組みを知ることができる、そういった効果があると考えています。

金認証を取得した事業者には、メリットとして次の4つを提示しています。ひとつは「認証式の開催」、2つ目は「支援セミナーの開催」、3つ目は「独自のメルマガの配信」、そして「取得企業の取り組みを広報」することです。特に認証式は地元新聞で取り上げられるなど、企業PRに大きく寄与しています。
執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコト」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

おもてなし規格認証新着記事