「働き方改革」で推奨されているのが副業・複業や兼業です。現状では、80%以上の企業が「副業・兼業を認めていない」となっています。しかし、社員に対して本業だけでなくもうひとつの仕事を認めることで、働き方の多様性を実現している会社があります。2012年から複業を解禁しているサイボウズです。サイボウズの先進事例から副業・複業・兼業の実際をひもときます。
2018年8月17日
  • ダイバーシティ経営の第一歩は「女性の発想」を取り込むこと

    政府が掲げる「働き方改革」の一環として注目を集めている「ダイバーシティ」。新しいビジネスを考えるためには多様性が必要です。そして仕事のやり方をシフトしないと生き残ることが難しい時代とも言えます。ビジネスに新しい風を入れる、そのためにも企業にとってダイバーシティは避けて通れない課題なのです。

    2018年8月15日

    イベントレポート

  • HRテクノロジーを駆使して付加価値につなげる人事部へ!

    「HRテクノロジー」を活用する企業が増えています。HRテクノロジーとはIT技術を使い採用や人材育成、労務管理などの人事業務を行うことができるテクノロジーのこと。テクノロジーというと理系のイメージが強いわけですが、文系の人材でも十分に活用することができるのでしょうか?

    2018年8月13日

    イベントレポート

  • 地方創生、こんなITが欲しかった! 地域経済の好循環をウェブで実現させる会社

    地方創生の切り札と目されるIT。都市部の大企業では、AI、ロボット、IoTが導入され、様々な業務を自動化しつつありますが、地方にはまだその恩恵は行き渡っていません。しかし、3Dプリンタやドローンの登場など、テクノロジーの民主化がその壁を打ち破ろうとしています。それら最新のITをウェブの技術を使って、ローカル・コミュニティーの活性化につなげようとするソフト開発会社があります。東京大学在学中に創業し、今年で11年目を迎えた「株式会社リアルグローブ」です。

    2018年8月10日

    インタビュー

  • 経営者に読んでもらいたい一冊③ 『自己愛過剰社会』

    現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

    2018年8月9日

    長沖竜二

  • 小売業から観光業へ進出!地元と連携し、新たな観光づくり

    京都丹後エリアでリゾート事業を展開する株式会社にしがきは7月、新感覚の体験型リゾートを謳う「シエナヒルズ」をオープンさせました。ここを拠点として、これまでなかった「地域ぐるみ」の観光開発で地域活性化、地方創生につなげようとするプロジェクトです。こうした試みが日本の新たなリゾートのモデルとなり得るのか注目されます。

    2018年8月7日

    水津陽子

コラム執筆者